広角レンズ入れ替えました

Xマウントの広角レンズとして、XF10−24mmを愛用しておりましたが、この度思うところあってこれをZEISS Touit2.8/12に入れ替えました。
資金不足につき入れ替えるしかないんですよ、残念ですが(笑)

P2JG8410
Fujifilm X-Pro2
XF35mmF1.4 R
ƒ/5.6 35.0mm 1/8 ISO2500




普段は主に望遠レンズで動物を撮ったり、標準レンズでスナップしたりしてるので、正直広角ズームのXF10−24mmはあまり出番がありませんでした。それでも、ここ一番の風景写真だったり、練習スタジオでの集合写真や練習風景の撮影、ステージ袖からのライブ撮影にも威力を発揮してくれました。やはり広角ズームレンズは便利で、利便性という意味では実に重宝なレンズでございました。経済的に余裕ができればまた入手したいレンズではあります(笑)。
描写も優秀で、確かにF2.8通し赤バッヂズームほどではないですが、パンフォーカス的に使うことが多い広角では不満はありませんでした。去年の秋に井の頭公園の紅葉を撮った作品などは自分でもとても気に入っています。

DSCF8955
Fujifilm X-T1
XF10-24mmF4 R OIS
ƒ/22.0 10.0mm 1/52 ISO400


我ながらけっこうあざとい風景写真だとは思いますが(笑)、10mmのワイド端で、限界まで絞って太陽を入れ込んで、逆光で紅葉を浮き出たせてみました。池の水がかいぼりで抜かれてるのも懐かしい風景です。
んで、なぜこの作例を引っ張り出してきたかというと、この写真でひとつポイントなのが、XF10-24mmの特にワイド端で顕著な歪曲収差なのです。
歪曲収差というのはいわゆるレンズの歪み、です。英語だとディストーション、でして、ギターの音の歪みのときと同じ使い方を写真でもするのが面白いんですが、グニャッと空間がゆがむことです。魚眼レンズの効果を思い出していただけると分かりやすいと思うんですが、超広角域ではXF10-24mmもけっこうこの歪曲収差が大きいんです。
上の作例のような風景写真だと、歪曲収差が逆に写真の迫力を出す効果があります。木の枝だったら、いくら形が歪んでもそこに違和感はあまりないですからね。
問題なのは人物写真です。集合写真などで、XF10-24mmのワイド端で画面の端のほうに人物を配してしまうと、グニャッと人間がゆがんでしまいます。これは困る。
もちろんLightroomなどで後から修正することはできるんですが、面倒ですし画面のトリミングをしたくないときもあります。
XF10-24mmの使いこなしのポイントはこの歪曲収差の扱い方だと思うんですが、広角で大人数の人物を撮る場合には、かなり難しいレンズなのです。



P2JG8420
Fujifilm X-Pro2
XF35mmF1.4 R
ƒ/9.0 35.0mm 1/4 ISO5000


というわけで、広角レンズを使う機会が集合写真やライブ撮影であるワタシの場合、なるべく歪曲収差の少ないレンズの方が使いやすいのと、あとは特にライブ撮影のときはやはりなるべく明るいレンズが欲しいわけです。ライブハウスは暗いですからね。XF10-24mmはF4通しのズームレンズで、開放F4だとやはりライブ撮影にはちょっと厳しい。でも、超広角の効果は欲しい。(標準域のズームだったら18-55mmもありますしね)
そんなわけで、Xマウントレンズの中で最も広角で明るい単焦点、Touit2.8/12のセレクトとなったわけです。

購入当日、さっそくライブ撮影の機会がありました。まだその場でしか使ってないんですが(笑)、ちょうどその日はビデオ撮影が主な仕事で、ステージ袖から動けない、そして片手はビデオで埋まっているという条件でしたので、Toiut2.8/12のテストにはうってつけでした。許可を得て掲載してみます。

P2JG8371
Fujifilm X-Pro2
Touit 2.8/12
ƒ/3.2 12.0mm 1/55 ISO800


P2JG8370
Fujifilm X-Pro2
Touit 2.8/12
ƒ/3.2 12.0mm 1/30 ISO800


P2JG8339
Fujifilm X-Pro2
Touit 2.8/12
ƒ/3.2 12.0mm 1/30 ISO800


P2JG8309
Fujifilm X-Pro2
Touit 2.8/12
ƒ/2.8 12.0mm 1/70 ISO800

(写真はすべて11月18日四谷アウトブレイクでの”Gillan Project”ライブより)

こんな感じでした。ステージ下手固定で歪みの影響が出やすいポジションからの撮影でしたが、いやな感じの歪みはほとんど感じられません。
ここまで優秀とは、びっくりです。
上の写真はすべて絞り優先オートだったので、シャッタースピードがけっこう遅めで、ISO値にかなり余裕があります。モノクロだったらISO6400でもぜんぜん使えると思うので、絞り開放だったらかなりのシャッタースピードが稼げそうです。
これも相当ナイスなポイントですね。両手がフリーなら(笑)がんがんアクションを止めた写真が撮れそうです。

というわけで、広角レンズの部をXF10-24mmF4からZEISS Toiut2.8/12に入れ替えた、というお話でございました。このところちょっと天気が悪いですが、晩秋のネイチャー写真などにも使っていきたいレンズですね。





ひさしぶりにRAW現像(ネタばらし) | Home | X-T2で野鳥撮影

コメント

ご相談

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいています。
現在、ペンタックスをメインに使ってますが、重いK1を買う気にもなれず、富士のX-T2を導入しようと思っています。主な用途はスナップなので、おすすめの35mmF1.4などの単焦点を中心に揃えようと思ってます。
ただ、今度結婚式で撮って欲しいと言われています。もちろんプロが入ると思うのでそんなにガチで撮ることもないとは思ってます。
そこで教えていただきたいのは、ズームを一本用意しようと思うのですがどれがよろしいでしょうか?
後々のことを考えて、少し値が張りますが50-140F2.8にしようと思います。
突然、ぶしつけな質問で申し訳ありませんが、ご教示いただけたらと思います。

2016/11/22 (Tue) 19:38 | おぷち #bxvF113M | URL | 編集
Re: ご相談

おぷちさん、コメントありがとうございます。
ペンタからフジへ、ですか。どっかの誰かと同じルートですねw
X-T2、おすすめです。一眼レフから移行しても違和感ない完成度ですよ。
結婚式撮影ですか。プロは別に入るということなら、おぷちさんは料理のテーブルフォトとか、参列者のみなさんの笑顔とか、プロが撮り漏らすかもしれないものを、参列者目線で撮られるのもいいかもしれませんね。
もしそうするとなると、もしかしたらズームは不要で35mmF1.4だけで十分、かもしれませんよ。テーブルフォトには最適なレンズですから。
もちろん、50-140mmは鉄板の高性能ズームですから、いずれ購入されるものw としていま購入されるのはぜんぜんありです。買って絶対後悔しない名玉ですから。
いずれにせよ、Xマウントレンズはまずハズレがないですから、普段使いのこともよくお考えになって楽しく悩んでくださいませw
結果をご報告いただけるとうれしいです!

2016/11/22 (Tue) 20:03 | jojo #- | URL | 編集
ご相談

早速のご回答、ありがとうございます。
おっしゃるとおりで、主役も撮りますがおそらく周辺のところをおさえたいのだと思います。結婚式はまだ先ですが、早めに手配して慣れておこうと思います。50-140F2.8ズームは迷ってましたが、良いということなのでボーナスが出たら買いたいと思います。まずは35mmF1.4で。
ありがとうございました。

2016/11/22 (Tue) 20:42 | おぷち #bxvF113M | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する