X-T1やってきました

東京に100年に一度の大雪が降ったバレンタインデー、俺は酔狂にも電車で新宿へ向かいました。
もちろん、こいつを迎えに行ったわけです。


機種: GR
ISO: 800
露出: 4.0 秒
絞り: 16.0
焦点距離: 18.3mm
フラッシュを使用: いいえ




フジX-T1です。Canonの5D3をリプレイスするか最後まで悩みましたが、やっぱり仕事ではフルサイズ2台は絶対必要、ということで、X-E1だけ下取りに出してあとは借金しました(笑)。
X-E1は色と画質は最高だったけどAFノロノロでしたからね。でもフジの絵にはすっかり惚れ込んでしまいましたから、X-T1で動物撮りもフジの絵でやっていきたいなと。購入に際しては35mmF1.4Rレンズは残して、それにXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISレンズを追加しました。
当面はこの換算52mmと84mm-305mm相当のレンズでがんばって、後に発売されるであろう70-200mmF2.8相当防滴レンズ、まだ詳細不明な超望遠ズームレンズを追加できれば、フジの動物撮りシステムが完成しそうですよね。まあ、そのための資金が溜まるのは相当先だと思いますが……(笑)。

EVFのファインダー性能ばかりが喧伝されてますが、なにげにこのチルト液晶も便利に使えそうですよね。
あ、あと、ミッドタウンでいじった試作機にはあった、十字キーのマクロモード印字(お花のマークね)が製品版にはないですね。もしかして俺の指摘が採用されて廃止になったんでしょうか?(笑)
ひそかににんまりしてます。


機種: GR
ISO: 800
露出: 4.0 秒
絞り: 16.0
焦点距離: 18.3mm
フラッシュを使用: いいえ




この地味な台形アタマがけっこう好きです。質実剛健なカンジ。


機種: GR
ISO: 800
露出: 4.0 秒
絞り: 16.0
焦点距離: 18.3mm
フラッシュを使用: いいえ




装着してみるとやっぱりけっこう長い55-200mmレンズ。横から見るとこんなカンジです。


機種: GR
ISO: 800
露出: 4.0 秒
絞り: 16.0
焦点距離: 18.3mm
フラッシュを使用: いいえ




テレ端まで伸ばすとここまで延びます。長い……。


機種: GR
ISO: 800
露出: 2.0 秒
絞り: 16.0
焦点距離: 18.3mm
フラッシュを使用: いいえ




たいへん握りごこちのいいバッテリーグリップも購入。Canonの角材グリップとは大違いです(笑)。
ただ、ここまでいい出来なんだから、ファンクションボタンと十字キーは縦横でグリップしたときの操作感を統一してほしかったなあと思います。惜しいなあ。


機種: GR
ISO: 800
露出: 4.0 秒
絞り: 16.0
焦点距離: 18.3mm
フラッシュを使用: いいえ




というわけで、大雪も止んだ本日の午後、井の頭公園に軽く試写に行ってみました。長靴を履いていかなかったので早々に退散してきましたが……。
写真は全てLightroomでRAW現像です。


早くおうちに帰りたそうなチワワくん。この寒さはチワワにはこたえますな。情けない顔になってます。


機種: X-T1
ISO: 200
露出: 1/210 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS




「かいぼり」で水が抜かれて、そこに雪が積もった弁天池でカルガモが遊んでました。胸で雪の上を滑る感覚が楽しいんでしょうか。


機種: X-T1
ISO: 200
露出: 1/800 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS




雪の上に降り立ったハクセキレイ。比較的人を恐れずに近くまで寄ってくる鳥ですね。


機種: X-T1
ISO: 200
露出: 1/250 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS




こんなところを探しても何にもないよ〜


機種: X-T1
ISO: 200
露出: 1/280 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS




人懐こいボーダーコリーの子犬がそばに寄ってきました。お寒うございます。なでてください。


機種: GR
ISO: 100
露出: 1/500 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 18.3mm
フラッシュを使用: いいえ



先月、善光寺で破損してしまったGRも無事修理から戻ってきまして、Canonのフルサイズ2台と合わせてカメラ4台の体制でまたしばらくはやっていくことになります。
が、まずとにかくX-T1を使いこなして戦力にしていかなければなりません。これからいろいろ試行錯誤していくのが楽しみです。

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真

X-T1軽くテスト | Home | アオサギ連写

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する