残暑のズーラシア

昨日のことですが、久しぶりに横浜ズーラシアに行ってきました。
せっかくなので気合いを入れて、というわけで、ヨンニッパも持ち込みました。1DXにはヨンニッパ(EF400mmF2.8L IS II USM)、5D3にEF70-200mmF2.8L IS II USMという2台体制です。念のため標準域のフジX-E1も持っていきましたが、今回は使いませんでしたね。
ヨンニッパは一脚で運用します。いつか一脚を倒して1DXを壊した経験から、面倒でも必ず移動のときは一脚を外して、レンズ本体のストラップで肩から下げて歩きました。背中にはヨンニッパ用のシンクタンクフォト”Glass Limo”を背負って、肩からはドンケF-2と2台のカメラ、というかなり大げさな状態です(笑)。

ここ数日、急に秋がやってきたような涼しい気候だったんですが、この日は夏がちょっと後戻りしてきたカンジ。日中は35度くらいまで上ったので、かなりキツかったですね。大荷物を抱えて息も絶え絶えになりながら、頑張って撮影してきました。



ズーラシアは門から入るとまずはアジアの平原エリアになります。アジアゾウやいろんなサルたちがいて、マレーバクの隣にはトラがいます。ズーラシアにはスマトラトラとベンガルトラの両方がいるそうなんですが、この日いた2頭はどっちだったんだろう?
どうやらオスとメスだったようですが…確認するのを忘れました(笑)。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/320 秒
絞り: 3.5
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM


こちらはメスの方ですね。ちょうど到着したらこの状態で、慌てて5D3の方で撮影したんですが、ヨンニッパを用意している間に移動してしまって、残念。しかし水場のトラは絵になります。
しかし、もっと暑さでダウンしているかと思ったら、トラたちは意外にアクティブに動き回ってくれて、助かりました。




機種: Canon EOS-1D X
ISO: 800
露出: 1/320 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM


というのも、この暑いのにオスがメスをさかんに口説いてたようで…(笑)。これは怒ってるんじゃなくて、フレーメンの表情なんだと思います。




機種: Canon EOS-1D X
ISO: 800
露出: 1/320 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM


ただし、この日しばらく観察していた限りでは、オスの気持ちはまだメスには届いてないようでした。
上の写真は「いいじゃん!」と迫るオスを受け流すメスの表情です(笑)。



同じアジアの平原エリアで、俺のお気に入りのモデルでもあるアムールヒョウに会えるのを楽しみにしていたんですが、ヒョウ君は完全熟睡状態で、結局次に撮影できたのはホッキョクグマでした。
この日出ていたのはメスの”バリーバ”。好奇心旺盛、とのことですが、なるほどヨンニッパを向けると明らかに興味を示して、こちらに向ってきたのには驚きました。
その後もたびたびカメラ目線をくれたのはいいんですが、もしこれがフィールドで、野生のホッキョクグマがレンズに興味を持って向ってくる、なんてことになったら恐怖だなあ、なんて思ってしまいましたね。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/320 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM


この日のバリーバは、水につかってこちらが羨ましくなるほど気持ちよさそうな表情を見せてくれました。




機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/320 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM


あーやっぱり夏はプールが最高ね。




機種: Canon EOS-1D X
ISO: 320
露出: 1/400 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM


ねえ、その大きくて丸いモノはなに?




機種: Canon EOS-1D X
ISO: 400
露出: 1/400 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




しばらくバリーバを撮影してましたが、ここまで2時間半くらい経過、もう限界です。
オセアニアゾーンにある冷房の効いたレストランで1時間ほど休憩しました。
それから日本の動物たちのゾーンへ。お目当てはツキノワグマですが、その前にこんなのも撮りました。
まるで人間のようなテングザル。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 800
露出: 1/200 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM


木の枝で道具を作って、その出来栄えを確かめる職人のような表情がたまりませんね。
実際は木の葉っぱを食べてただけで、それを道具にしていたわけではないですが……。




機種: Canon EOS-1D X
ISO: 400
露出: 1/320 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM


そしてツキノワグマですが、しばらくは宿舎の中に入りたそうに常同運動をくり返していましたが、ヨンニッパを向けると「お?なんだあれは?」と言わんばかりに興味を示しました。
ツキノワグマもでっかいレンズには興味を持つんですねえ。




機種: Canon EOS-1D X
ISO: 800
露出: 1/400 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM


まさか野生のツキノワグマがこれほどあからさまにこっちに興味を持つことはないとは思いますけどね……。



最後は南米アマゾンのゾーンから、個人的に大好きなヤブイヌという動物です。
アルゼンチンの密林に家族で住んで、アルマジロなどを狩って食べる動物で、マーキングするときに逆立ちするのが特徴なんだそうです。
犬のような、タヌキのような、面白い動物です。


機種: Canon EOS-1D X
ISO: 3200
露出: 1/320 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




以前見たときには4,5匹の家族で行動していたんですが、この日はどうやらオスとメスのペアだけだったみたいです。でも仲良く一緒に行動していました。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 3200
露出: 1/400 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM


ヤブイヌのところにしばらくいたら、もう4時半の閉園時間になってしまって……また今回もアフリカゾーンにはたどり着けませんでした(笑)。
そういえば、ズーラシアの目玉動物であるオカピって、まだ撮影したことないなあ。広くて一方通行なズーラシアだから仕方がないんですが、どうも奥まで行くには時間がかかりすぎるのが難点ですねえ。

テーマ: 動物の写真 | ジャンル: 写真

野鳥たち戻ってきました | Home | 夏のポートレート撮影2013 (夜編)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する