動物を撮る!を読む


機種: GR DIGITAL 3
ISO: 1600
露出: 1/42 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ


たまには先輩プロの書いた本で勉強しよう、ということで今回読んでみたのは、キヤノンの広告写真で有名な動物写真家、前川貴行氏の著作『動物を撮る!』です。雷鳥社の『写真の学校』シリーズの動物写真編ですね。
コンテンツは以下の通り。

 1 動物を撮る
    撮影前の心構え
 2 動物撮影の基礎知識
    機材とアクセサリーの準備
    撮影の準備
    被写体を選ぶ
 3 身近な動物を撮る
    ペットを上手に撮る
    動物園で撮る
 4 フィールド撮影にチャレンジ
    フィールド撮影への準備
    野鳥を撮る
    野生動物を撮る
    夜間撮影のテクニック



もちろんざっとではありますが、動物写真を撮るための準備から実践まで、入門編としては過不足ない内容です。もちろん、前川氏による素晴らしい動物写真も随所にちりばめられています。
被写体を考えて、機材を選んで、ペットから始めて、動物園に通って、フィールドの装備を揃えて、野鳥を撮って、野生動物にチャレンジして……とまさに俺自身がこの3年で通ってきた道筋そのまんまなところが、妙に安心したりして(笑)。まあ、必然的にそうなっていくんですけどね。

個人的には、フィールド撮影のための装備について、けっこう詳しく解説してくれているのがとても参考になりました。そして今後の目標として、里山の「夜間撮影」にチャレンジするという新たな課題も見つかりました。

動物撮影をどうステップアップしていくか、その大まかな道筋を解説する書として、とても良心的な書籍だと思います。前川氏の淡々としつつも目線の低い文章にも好感。
写真機材についてのもうひとつ突っ込んだ(マニアックな)チャプターがあったらなお読みごたえがあったと思います。
興味のある方はご一読をお勧めします。


テーマ: 本の紹介 | ジャンル: 本・雑誌

ここ数日の写真たちまとめ | Home | 冬の北海道の動物撮影<阿寒ツルセンター編>

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する