冬の北海道の動物撮影<阿寒ツルセンター編>

北海道撮影旅行、最後は阿寒ツルセンターのその他の写真をご紹介します。

まずは観察センターの給餌場へ向うツルたちの飛翔シーンを。野生のツルたちはみんなここでエサをもらえることを知っていて、こぞって飛んでくるわけです。
土手の上で待ちかまえている俺の目の前を、右から左へツルがやって来ては見事な飛翔シーンを見せてくれました。なかには給餌の時間を待ちきれずに左から右へ去ってしまうツルもいましたが。
とにかく、あこがれのツルの飛翔シーンだったわけですが、しまいには飽きるほどたくさんのツルが飛んできてくれました。


機種: Canon EOS-1D X
ISO: 640
露出: 1/3200 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 800mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





機種: Canon EOS-1D X
ISO: 400
露出: 1/3200 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM





機種: Canon EOS-1D X
ISO: 200
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM



タンチョウのための給餌場なわけですが、白鳥がやってきてしまうのが悩みの種のようです。(白鳥は意外に凶暴な動物で、タンチョウを追っ払ってしまうんですね)白鳥が来ると、ツルセンターの職員の人がスノーモービルですっ飛んできては追っ払います。面白いことに、それ専門の職員さんがいるそうで、その人がスノーモービルで給餌場へ入っても、タンチョウは決して逃げないんだそうです。白鳥たちは姿を見ただけで逃げていくんですが。
そしてその人以外の人がスノーモービルで入っていくと、タンチョウたちも逃げてしまうんだそうです。
そうは言っても、こちらとしては白鳥も充分美しい被写体ですから、差別はしません。追い立てられて逃げていく白鳥の群れもしっかり撮りました。そういうときでもきちんと編隊を組んで飛んでいくんですね。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 100
露出: 1/3200 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




でもやっぱりタンチョウの飛翔シーンは美しいです。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 200
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




そんなこんなで、時間もそろそろ1時。どうせなら俺も給餌の時間の撮影に参加したいということで、遅まきながら観察センターの方で向ってみました。しかしそこは、まさに立錐の余地もないほどの三脚の林。軽く見積もっても100人以上のカメラマンが来ていたと思います。NHKのハイビジョンカメラも来てました。
こりゃーダメかな、と思っていたら、親切な人が「ここ空いてるよ」と入れてくれました。ありがたい。
くわー、くわーと鳴いているタンチョウを至近距離で。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 100
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




そして……案の定やってきました。オジロワシの乱入です。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 100
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




しかし、意外にもタンチョウも負けていません。おまえ出て行け!とばかりにオジロワシを攻撃します。体格ではタンチョウの方が勝ってますからね。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 100
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




オジロワシもタジタジです。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 100
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




さすがのオジロワシも、なかなかおこぼれにあずかるのは難しいようですね。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 250
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




乱入者はオジロワシだけではありませんでした。いきなり林の中から現れたのは、まだ若い牡鹿の群れです。まだ群れを率いることのできない若い牡鹿たちは、こうして雄だけのグループを作って生活をしてるんですね。若いギャングたち、なんか人間と同じだなあと思ってしまいます。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 160
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




角を突き合わせて力比べ。意味もなくじゃれ合うところなんかも人間の若者と同じですね。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 100
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




やっぱりどこか表情が幼い気がしますね。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 200
露出: 1/3200 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM




最後はやっぱりタンチョウのアップを。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 125
露出: 1/3200 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM



というわけで、長々と続けてまいりましたが、この冬の北海道動物撮影の顛末でございました。
ここの撮影が終ったあと、帯広で1泊して、その後苫小牧からまたフェリーに乗って東京にもどったというわけです。
次回は春先、ヒグマが目を覚まして出てくるくらいのタイミングでまた北海道を訪れたいと思います。

※追伸

ツルセンターの撮影を終えて車に戻るとき、俺はまた無精をやって失敗してしまいました。三脚にヨンニッパをつけたまま肩に担いでいたら、クイックシューが緩んでいたみたいで、カメラをドッカンと雪道に落としまして……。
雪道だったので何事もないと思うんですが、大事を取って東京に戻ってからヨンニッパと1DXをメンテナンスに出しました。カメラを三脚につけたまま移動しない、というのは基本なんですが、やはり無精をしちゃいけません。特にクイックシューを使用してる皆さん、ご注意あれ。

テーマ: 動物の写真 | ジャンル: 写真

動物を撮る!を読む | Home | 冬の北海道の動物撮影<タンチョウのダンスレッスン編>

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する