冬の北海道の動物撮影<根室編>

2月4日から15日にかけて、冬の北海道に行ってまいりました。
先月風邪をひいて断念した撮影旅行のリベンジでございます。ていうか、最初から1月と2月、連続で行く予定にしてまして、1月が冬の北海道を初体験する予行演習、2月が本番、と位置づけていたわけですが、それがぶっつけ本番になったわけですな。
そう、冬の北海道に行くのは初めてだったのです。そのために秋口から防寒具を買いそろえ、レガシィくんにはスタッドレスタイヤを装着し、と準備万端整えていたわけですが、ようやくの決行となりました。

向うのはやはり道東、主に知床の流氷にやってくるオオワシと希少なシマフクロウ、あとは釧路のタンチョウなどを撮影しようというもくろみです。レンタカーは高いので、茨城県の大洗港から苫小牧へ連絡しているカーフェリーを使います。秋に行ったときと同じ旅程ですね。大洗から苫小牧までは19時間。船中1泊になります。
苫小牧からは知床まで500キロあまりの陸路になります。秋のときは余裕を持って、200キロほど行った帯広で途中1泊したわけですが、冬の旅程ではギリギリと言ったカンジでした。
なんせ苫小牧に上陸した時点で午後2時。そこからメシ食ったりしてなんだかんだ出発したのが3時くらいです。冬の日はあっという間に暮れてしまうので、帯広についたらもう完全に夜でした。しかも途中の道東自動車道が、タイミングの悪いことに大雪直後の除雪されていない状態で、路肩も中央分離帯も道路も完全に雪をかぶってまっ白なわけです。
そんな状態でさらにトマム山は大雪、強風状態で、下から舞い上がる地吹雪も加わって道路は完全にホワイトアウトしてしまうような最悪の条件。関東なら間違いなく通行止めになるようなコンディションですが、地元のひとたちは80キロは出して飛ばしていきます。片側1車線通行の道東道で、雪道初心者の多摩ナンバーは完全に通行を阻害するだけの存在でした(笑)。ドライバーは半べそ状態で恐怖にふるえてたんですけどね。

そんないきなりの試練を受けたりしながら、4時間ほどで帯広に到着。翌日は根室まで行ってそこで1泊しました。根室の風蓮湖にもオオワシが来るという情報を受けての、初根室でございます。
風蓮湖のほとりが自然保護地域になっておりまして、野鳥を観察する遊歩道になっています。遊歩道と言ってももちろん雪ががんがん積もっているわけですが。頑張って大砲を担いで撮影してまいりました。


なんせエゾシカはうじゃうじゃいました。この群れはメスばかりでしたね。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 1600
露出: 1/1600 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 800mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




北方領土に最も近い、納沙布岬の先にも行ってきました。北東の海から登る朝日を広角で。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/100 秒
絞り: 22.0
焦点距離: 18mm
フラッシュを使用: いいえ
Carl Zeiss DistagonT* 3,5/18 ZE




秋のウトロでも出会いました。ミヤマカケスくん。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 800
露出: 1/1000 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 800mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




アカゲラは比較的人を怖れないんでしょうか。目の前の樹上にまでやってきては、忙しく幹を突いてました。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 3200
露出: 1/1000 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 800mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




こちらはゴジュウカラ。こうして逆さまに幹に止まれるのはゴジュウカラならではの特技なんだそうです。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 5000
露出: 1/1600 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 800mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




またまたエゾシカ。みんなでぴょんぴょんと飛び跳ねて楽しそうでした。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 1600
露出: 1/1600 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 800mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




肝心のオオワシの姿はというと……こんなカンジで遥か彼方に一度だけ確認することができました。遠い〜(笑)。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 250
露出: 1/1600 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 800mm
フラッシュを使用: いいえ
EF400mmF2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




そんなカンジで根室は終了。いよいよ知床は羅臼へ向うことになりました。果たして羅臼ではなにが待受けているのか……続きます。

テーマ: 動物の写真 | ジャンル: 写真

冬の北海道の動物撮影<シマフクロウ編> | Home | 米国誌に掲載されました

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する