秋の北海道撮影旅行(その2)

やっぱり地図を見ていただかないと実感わかないよな、ということでGoogleマップさんに登場していただきましょう。
苫小牧から知床羅臼までの、車の道中はこんなカンジになります。Googleマップさんによると、444キロ、8時間40分の道のりだそうです。ホントにほぼ北海道横断ですね。


大きな地図で見る

というわけで、今回のベースキャンプは知床半島の付け根の東側、羅臼に定めました。
下のマップでいうと、青い地図マーカーの場所になります。


より大きな地図で 知床半島 を表示

ちなみに、赤い地図マーカーの場所がウトロです。知床半島の北限を訪れるときは、必ずこのどちらかの町を拠点にすることになります。9月のときはウトロのホテルを取ったので、今回は羅臼にしました。
ふたつの町を結ぶ国道334号線の峠道が、知床横断道路になります。この道が、羅臼岳など知床の山間部へ分け入るための唯一の道なんですが、羅臼に到着した翌日いきなり、何とこの知床横断道路が、10月だというのに”凍結により通行止め”になってしまっていたのでした(笑)。
この道が通れないとなると、羅臼とウトロは完全に断絶してしまうことになります。どうしてもとなると、ずーっと知床半島の根本の方まで戻って、国道244号線を迂回して行くしかありません。優に200キロ以上の道のりです。冬場だったらなおさら時間がかかりますね。峠を通ればものの40分くらいで繋がるふたつの町ですが、冬場はこんなことになっているとは思い至りませんでした。最果ての町の厳しい生活の一端をみる思いです。
(ちなみに知床横断道路は、11月初旬から4月末までは完全閉鎖で、”日本一開通時期が短い国道”なんだそうな)

そんなわけで羅臼初日は、知床半島の東側を行き止まりまで行ってみることにしました。上の地図の黄色いピンのあたりが、車で行ける知床半島の果てです。羅臼の漁港から先はしばらく人家がありますが、しばらく行くと『ここから先、世界自然遺産知床』という看板があり、その先はいわゆる”番屋”だけが立ち並ぶエリアになります。人の気配もほとんどなくなり、いよいよ動物たちのエリアなんだなあ、という緊張感があります。

海岸にはウミウたちがのんきに日向ぼっこ。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 500
露出: 1/1250 秒
絞り: 6.3
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM + EF2xExtender III




山から下りてきたキタキツネが番屋の残飯でもあさりに来たんでしょうか。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 160
露出: 1/1000 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM




エゾシカたちも堂々とやってきます。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 1600
露出: 1/400 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 380mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM + EF2xExtender III




人の気配に驚いたキツネが慌てて崖の上へかけ登って行きました。安全な距離をとると、今度は興味深そうにこちらを見ています。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 500
露出: 1/1250 秒
絞り: 6.3
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM + EF2xExtender III




太平洋を通りすぎていった台風の影響か、この日の知床の天気はとても変りやすく、太陽が出ているのに雨が降ったり。真っ黒い雲がどんどん流れていきます。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/800 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 24mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM





機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/500 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 24mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




車道が行き止まると「この先は自己責任で」という看板が現れます。この先も海岸線に沿って徒歩で北上することは可能ですが、そこはまさしくヒグマのエリア。駐車場には登山口によくある登山計画書を入れておく箱が設置してあり、先へ進む猛者はちゃんと計画書をそこに提出しなければなりません。海岸なんですが、山のように人間社会の支配の及ばないエリアなんですね。
俺もちょっとだけ歩いてみたんですが、まったく人の気配のしない海岸線は、いつ番屋の影からヒグマが現われるかわからず、とても丸腰で歩ける雰囲気ではありませんでした。結局30分くらい歩いて引き返しました。その後隣の標津町まで行って、熊よけスプレーを買い求めたのでした。


あにまるロゴ

テーマ: 動物の写真 | ジャンル: 写真

秋の北海道撮影旅行(その3) | Home | 秋の北海道撮影旅行(その1)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する