ポートレートレンズ

いわゆる”ポートレート用レンズ”というと、だいたい85mmくらいのレンズを指すそうです。そのへんは洋の東西を問わず定着した用語のようですね。
お仕事の撮影などもだいたい人物のポートレートが多いですし、わんこにゃんこを撮るにも、85mmの明るい単焦点があるとちょうどいいなあと思い、例によって地図カメラで中古のレンズをあさってみました。

まあ、ホント言うなら「EF85mmF1.2L」が欲しいのはヤマヤマですが、さすがにここのところ浪費しておりますので自粛しまして……(笑)、手にしたのはぐっとお安い「EF85mmF1.8 USM」でした。これだと中古なら3諭吉くらいで買えます。安いでしょ?(金銭感覚狂ってる?)



機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 200
露出: 2.0 秒
絞り: 9.0
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ


というわけで、EF85mmF1.8 USMでございます。さすがに古くから生き残っているレンズだけあって(もう20年近く造られ続けてるそうな)ちょっとクラッシックな趣さえあります。もちろん手ブレ補正などはついてませんし、フードは左右から挟み込む方式でガタガタします。


機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 200
露出: 5.0 秒
絞り: 9.0
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ


5D3に装着するとこんなカンジです。中古とはいえ、ほとんど仕様感もない美品です。レンズのフィルター径は58mmとコンパクトで、5D3とちょうどいいバランスです。

というわけで、さっそく雨上がりの井の頭公園に出かけて試し撮りしてみました。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/100 秒
絞り: 1.8
焦点距離: 85mm
フラッシュを使用: いいえ
EF85mmF1.8 USM


バスケットに入ったクロネコくんを、絞り開放で撮ってみました。背景は池なんですが見事にボケきってます。




機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 2000
露出: 1/80 秒
絞り: 1.8
焦点距離: 85mm
フラッシュを使用: いいえ
EF85mmF1.8 USM


こちらは同じクロネコでも野良くん。近寄りたくても近寄れない距離感を表わしてみました(笑)。




機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/250 秒
絞り: 2.2
焦点距離: 85mm
フラッシュを使用: いいえ
EF85mmF1.8 USM


ちょっとだけ絞って女性の後ろ姿を。なかなか侮り難い空気感なんじゃないでしょうか。20年前のレンズとは思えないですよね。




機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/100 秒
絞り: 1.8
焦点距離: 85mm
フラッシュを使用: いいえ
EF85mmF1.8 USM


絞り開放でわんこを。フォーカスを合わせた顔だけが浮き出ちゃってますね。全体に宙に浮いてるみたいな雰囲気になってしまいました。犬の場合だと開放はやりすぎかもなあ。




機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 125
露出: 1/100 秒
絞り: 6.3
焦点距離: 85mm
フラッシュを使用: いいえ
EF85mmF1.8 USM


F6.3まで絞って風景を。ぐっと解像感が増していい感じです。雨上がりの湿っぽい公園の雰囲気が伝わりますよね。




機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 200
露出: 1/320 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ


最後はおまけでDP2Merrillの風景を。DP2はいつもバッグに入ってるので、つい風景を撮ってしまいますね。普段は絶対こういうの撮らないのに……カメラに撮らされてるというか(笑)。
ちなみにホントはこんなに空は青くありません。現像時に被い焼きエフェクトをかけてます。



というわけで、最後は蛇足でしたが85mmで試し撮りでございました。さすがに感動はないですが(笑)、軽くてコンパクトなレンズですし、常に持ち歩いても邪魔にならない、しかもコスパ抜群のいいレンズなんではないでしょうか。
ただし、70-200mmF2.8L IS II USMを85mmにしたときとどっちがいいか、と考えると微妙かなあ……。



あにまるロゴ

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真

浅草ポートレート撮影(昼編) | Home | 伊豆のナイトサファリ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する