DP2 Merrill で吉祥寺散歩

梅雨明けしたとたん、36度の猛暑の東京。日中に一度外出したものの、あまりの獰猛な日光に外出断念。(ホントはSDカードを忘れた)夕方、歯医者の帰りにもう一度お散歩スナップを試みました。
今日は末広通りを中心に、いわゆる ”東急裏” エリアのスナップです。

DP2mは、首の裏がチクチクする純正ストラップを、お気に入りのドンケのストラップに付け替えました。
撮影モードは全て絞り優先モードでISOオート。手ブレに敏感なDP2mなので、首から下げたカメラを「ストラップピン張り」で安定させて、手持ち撮影です。
全てRAW撮影で、SPPでTIFファイルに現像。その後AppleのApertureで微調整してJPGファイルにしてます。
いわゆる俺なりの ”本気現像モード” で仕上げてみました。


機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 200
露出: 1/200 秒
絞り: 11.0
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ





機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 400
露出: 1/50 秒
絞り: 4.5
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ





機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 200
露出: 1/80 秒
絞り: 4.5
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ





機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 200
露出: 1/160 秒
絞り: 4.5
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ





機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 200
露出: 1/100 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ





機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 200
露出: 1/250 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ





機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 200
露出: 1/320 秒
絞り: 9.0
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ




SPP(SIGMA Photo Pro)の調整項目には、『X3 Fill Light』という項目があって、ヘルプによると「X3 Fill Lightスライダーを使うと、画像の明るい部分の露出を変えることなく、暗い部分にライトを追加するように明るさを調整することができます。」という効果があります。最後の写真の青空と雲、影になっている建物のコントラストは、これをちょっと大げさめに使ってみました。HDR合成したような面白い効果を作ることができます。レンジの広いDP2mならではの絵作りですね。
ちなみにSPPはかなり独特な操作感ですが、ヘルプが充実しているので参照しながら作業すればすぐに覚えられます。これはかなりマルなポイントですね。

というわけで、手持ちでもかなり使えるじゃん、ということがわかった吉祥寺夕方散歩でした。


あにまるロゴ

テーマ: お散歩カメラ | ジャンル: 写真

大砲で多摩動物園 | Home | DP2 Merrill 購入しました

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する