マクロ遊びなどなど

眠れない夜。スポットライトひとつの暗い部屋の中で、ブツ撮りで遊んでみました。
GRD3を三脚に載せて、いつもは撮影する側のCanonの一眼が今日のモデルです。

まだ購入して2ヶ月足らずの1D4ですが、既にでかいキズがひとつついてます。いきなり撮影初日についてしまったという……。
まあ、カメラは道具だと割り切ってますから、キズがついたからといってそう落ち込むこともないですが、初日はないですよねえ(笑)。

機種: GR DIGITAL 3
ISO: 64
露出: 2.0 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ



実はベンタ部反対側の側面にも、目立たないですがキズがついてます。どうせならもっとキズだらけになって、貫録がついてくれと開き直ってます。
いまや貴重なAPS-H機。売りに出す気もないですしね。
5D2もよく見るとキズがあります。これはたぶん、ストラップにスレてついたキズですね。

機種: GR DIGITAL 3
ISO: 64
露出: 8.0 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ



5D2はもうひとつ、本体底面エッジにもキズがあります。これはおそらく、ブラックラピッドを使っているときについたストラップスレですね。キレイに塗装がこそげ落ちてます。

機種: GR DIGITAL 3
ISO: 64
露出: 8.0 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ



今度は愛用のリストウォッチを撮ってみたりしました。Traser(トレーサー)というミリタリーウォッチです。
まだ入手して日が浅いのですが、軽くて視認性がよくて、暗いところでも自然に光ってくれるので、野外撮影時に大変重宝しています。

機種: GR DIGITAL 3
ISO: 100
露出: 3.0 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ



このTraserは米軍に実際に支給されている時計なんだそうです。軍用時計は基本的に使い捨てなので、価格も安くあがってます。でも厳しい米軍の耐久基準を満たしているそうで、安っぽさはありません。
これはチタンケースの ”Commander” というモデル。ダイバーズウォッチと同等の200m防水です。

機種: GR DIGITAL 3
ISO: 64
露出: 2.0 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ



GRD3のISO設定を最低値の64にして、ぐっと絞ってF8.0。2秒露出してくっきりとコントラストの強い絵を狙ってみました。こういうの、遊びでやる分には本当に楽しいですねえ(笑)。

機種: GR DIGITAL 3
ISO: 64
露出: 2.0 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ



考えてみれば当たり前のことなんですが、時計の場合、秒針が1秒に1回動きますから、露出した秒数だけ秒針が分身するんですよね。いや、本当に当たり前のことなんですが。
GRD3の露出は最大8秒なので、秒針が8個に分身することになるわけです。その絵が欲しくて露出オーバーを承知で8秒開いてみました。明るくなりすぎた分は、最大までマイナス補正してます。

機種: GR DIGITAL 3
ISO: 64
露出: 8.0 秒
絞り: 9.0
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ



たまにはこんな風に遊んでみるのも楽しいですね。カメラと時計くらいしかマクロに耐える被写体がないのが悩みどころでしょうか。

テーマ: RICOH DIGITAL CAMERA | ジャンル: 写真

タバコ屋犬 | Home | GRDで料理写真

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する