横浜ズーラシア

昨日のことですが、相方と横浜ズーラシアに初めて行ってきました。
ズーラシアというと、ウリとしては珍獣オカピらしいんですが、俺の目的は大好きなカワウソとシロクマですね。ズーラシアは広い敷地に余裕のある行動展示が特色ということなので、写真も撮りやすいんじゃないかと期待してます。
ここのところ早寝早起きモードになっている俺なので、9時半の開園に合わせて出発。ばっちり午前中のまだ活発な動物たちに会えるはずです。

入場門からすぐのところにいたのはゾウさんでした。しかし、ゾウさんと言ったら井の頭公園の花子さんと決めている(?)俺はそこはスルー。オランウータンやマレーバクも後回しで、まず向かったのはスマトラトラ(ってちょっとどうなんでしょう。スマトラタイガーって呼んであげたいところ)です。



機種: Canon EOS 7D
ISO: 1600
露出: 1/640 秒
絞り: 6.3
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-20mmF2.8L IS II USM + Extender EF 2x III


ばっちり、カメラ目線でキメてくれました。ちょっと物憂げな朝のトラです。何度見ても、トラはキレイですね。

そこから「アジアの熱帯雨林」ゾーンをさらに進みます。ウンピョウくんは温かそうな巣穴に丸まっていてお休み。オナガザルやシシオザルをスルーして、いました、インドライオンです。アジアに生息する唯一のライオンだそうです。インドにライオンがいるなんて知りませんでした。
ズーラシアのライオンの群れは、オスがこの春に亡くなってしまったそうで、いまはメスだけの女所帯なんだそうです。


機種: Canon EOS 7D
ISO: 1600
露出: 1/320 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 252mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-20mmF2.8L IS II USM + Extender EF 2x III


亡き旦那様を想っているのでしょうか。ぐったり、やる気無しです(笑)。
そこへ、遠足の小学生たちが大騒ぎしながら通りかかると、ん?と顔を上げるライオンのご婦人たち。やっぱり子供は気になるのか?「美味そうだわ」とか思っているんでしょうか。


機種: Canon EOS 7D
ISO: 1000
露出: 1/250 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 140mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-20mmF2.8L IS II USM + Extender EF 2x III




「亜寒帯の森」ゾーンのトップにいるのは、ロシアと中国の国境あたりに生息する絶滅危惧種、アムールヒョウです。なんせ、確認されている野生の個体は、たった30とも40とも言われているそうで、まさにいまにも絶滅してしまいそうな種です。
どうにかしなくちゃ、どうにかしなくちゃ、とせわしなく檻の中を歩き回っておりました。


機種: Canon EOS 7D
ISO: 2500
露出: 1/640 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-20mmF2.8L IS II USM + Extender EF 2x III




さて、「亜寒帯の森」ゾーンには、お目当てのシロクマとカワウソがいるはずなんですが、これが、どちらも全くやる気を見せてくれませんで、シロクマは広い敷地の一番奥で、こちらにお尻を向けてうずくまってばかり。カワウソに至ってはどこにいるのかさえ確認できませんでした(笑)。
園内を一回りしてもう一度帰りに様子を見たんですが、微動だにせず。残念ながら今日はハズレだったようです。
仕方ないので、ペンギンゾーンで元気なペンギンくんたちをたくさん写しました。


機種: Canon EOS 7D
ISO: 3200
露出: 1/500 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 320mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-20mmF2.8L IS II USM + Extender EF 2x III



機種: Canon EOS 7D
ISO: 160
露出: 1/250 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 140mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-20mmF2.8L IS II USM + Extender EF 2x III



機種: Canon EOS 7D
ISO: 250
露出: 1/250 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 140mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-20mmF2.8L IS II USM + Extender EF 2x III




ペンギン舎の水面下を見られるところでは、小学生たちがきゃあきゃあ盛りあがってました。


機種: Canon EOS 5D Mark II
ISO: 100
露出: 1/80 秒
絞り: 2.2
焦点距離: 50mm
フラッシュを使用: いいえ
Carl Zeiss PlanarT* 1.4/50 ZE



機種: Canon EOS 5D Mark II
ISO: 640
露出: 1/50 秒
絞り: 9.0
焦点距離: 50mm
フラッシュを使用: いいえ
Carl Zeiss PlanarT* 1.4/50 ZE




「オセアニアの草原」ゾーンから「アマゾンの密林」ゾーンへ抜けると、見たこともない動物を発見。こいつは、アルゼンチンやペルーに棲息する「ヤブイヌ」という動物だそうです。
脚が短くて、集団でぐるぐる同じところを走り回る習性があるそうで、確かに3匹でずっと同じところを走り回ってました。でもどこか和風な雰囲気が憎めない感じ。名前だって、「ヤブイヌ」って妙におおざっぱですよね。もっと南米らしい名前をつけてあげればいいのに(笑)。
そんなところも妙に応援したくなるヤブイヌくんです。


機種: Canon EOS 7D
ISO: 2000
露出: 1/400 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 252mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-20mmF2.8L IS II USM + Extender EF 2x III


そうそう、ずっと走り回ってるので、写真を撮るのが難しいんですよ、ヤブイヌくんは。それが唯一困ったところです。

そこからまた順路を逆戻りして、入り口近くのマレーバクをちゃんと撮影することに。お腹がすいたのか「ピキー!」なんてずっと鳴いていたマレーバクですが、よく見るとかわいい顔してます。


機種: Canon EOS 7D
ISO: 3200
露出: 1/400 秒
絞り: 6.3
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-20mmF2.8L IS II USM + Extender EF 2x III




そんな感じで、全体としてあまり動物たちも元気がなかったズーラシアでしたが、唯一頑張っていたのがスマトラトラくんでした。帰りぎわに訪ねてみると敷地内を縦横に歩き回って、ファンサービスに励んでおりました。そんな芸人の鑑とも言うべきスマトラトラくん。最後にもう1枚あげましょう。
しかし、ズーラシアは施設としてはとても歩きやすくて、レストランも立派だし(これはかなり例外的。動物園の食事はどこも信じられないくらいプアですから!)とてもいい動物園だと思いました。
北海道の旭山動物園に負けるな、関東の雄ズーラシア、といったところです。また近いうち遊びに行きたいですね。


機種: Canon EOS 7D
ISO: 1600
露出: 1/640 秒
絞り: 7.1
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-20mmF2.8L IS II USM + Extender EF 2x III


テーマ: 東京写真 | ジャンル: 写真

Bradyスネア | Home | スネア試奏と渋谷スナップ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する