大三元リーチ(笑)

人間、一度贅沢を知ると後戻りはできません。
70-200mmF2.8L2を入手して以来、案の定不満になってきたのが標準ズームでした。
いや、キットレンズとはいえ、EFS15-85mmは素晴らしくよくできたレンズだと思います。しかし、やっぱり70-200mmF2.8L2と比較すると、「普通」なんですよねえ。色あせてしまうんです。
本来なら、普通で上等、なんですけどね。70-200mmF2.8L2が凄すぎるんです。

とはいえ、一度贅沢を知ってしまった身としては、標準ズームも「L」にしたい、できればF2.8通しで揃えたい、という欲求が押えようもなくなってくるワケです。
いわゆる「大三元」ズームのリーチ状態ですね。
(短距離、標準、望遠の3種類のズームレンズを全て「F2.8」で揃えることを「大三元」というそうです。それに対して「F4.0」で揃えるのが「小三元」だそうな。麻雀が分かる人なら何となくわかりますね?)

というわけで、やってしまいました。EF24-70mmF2.8Lを購入です。しかも新品で(笑)。


機種: GR DIGITAL 3
ISO: 154
露出: 1/6 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 11/04/20 24-70mmF2.8L



いや、当初は中古にしようとヤフオクをチェックしたりしてたんですが、やっぱりレンズを現物もチェックできないオークションで買うのは勇気がいります。しかも中古とはいえ、EF24-70mmF2.8Lの落札価格の相場は10万円はします。ハズレをつかまされたら目も当てられません。やっぱりそれは初心者の取るべき道じゃないよな、ということで、中野のフジヤカメラと新宿のマップカメラとキタムラを回ったんですが、ないんですよ。どこにも中古のEF24-70mmF2.8Lがないんです。どこも品切れで。
仕方なく、70-200mmF2.8L2を購入した新宿ヨドバシのカメラ館に行ってみたら、あったんです。しかも最後の1個。
震災の影響で、キヤノンやニコンのカメラは完全に品薄状態で、EOS7Dなどはもうどこを探しても購入できないような状態なんだそうです。24-70mmF2.8Lも同じ状態で、ひとつある在庫は震災前に入荷したものでした。そして今後の入荷予定は全くの白紙だと。

さらに、またもや新宿ヨドバシの阿部さん(笑)が登場して、びっくりのお値段を提示してくれるわけです。これはもう、納得してカードを差し出すしかありませんでした(笑)。
(詳しくは書けませんが……とにかく安かった!)


機種: GR DIGITAL 3
ISO: 154
露出: 1/5 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 11/04/20 24-70mmF2.8L



というわけで、めでたく大三元リーチ状態となったのでした。
それにしても、さすがF2.8のLズーム。でかいです。「標準ズーム」と呼ぶにはちょっとためらわれるくらいの太さと長さです。重さもズッシリ。


機種: GR DIGITAL 3
ISO: 154
露出: 1/6 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 11/04/20 24-70mmF2.8L



フードをつけるとさらに長い。しかしズームして伸びる部分の根っこにフードを装着するため、ズームしてもフード部分は前に伸びたりしません。フードの中の部分が伸び縮みするだけです。
レンズ口径は77mm。70-200mmF2.8L2と同じです。



機種: GR DIGITAL 3
ISO: 1600
露出: 1/18 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 11/04/20 24-70mmF2.8L



EFS15-85mmと比較するとこんな感じです。15-85mmもでかい、太い、と思ったんですが、軽く上回ってきたのでした。

そんなこんなで、お店から出てみたらなぜか新しいレンズを下げていました、状態で西新宿から戻ってきたのでした。して、果たして新しいレンズの写りはいかに?
次の記事に続きます。

テーマ: Canon Photo | ジャンル: 写真

というわけで初撮り | Home | アルミバンパー

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する