MacBook AirとPowerBookG4

先日のアップルのイベント「Back to the Mac」の”One more thing”として発表された、New MacBook Airですが、我家にも昨日届きました。最近は外で仕事することもあまりないので、どうしてもという用途もないんですが(笑)、サブ機として所有していたMacBookを下取りに出せば、あとちょっとだけ足しただけで買えちゃうじゃん、という悪魔の声にあっさり負けました。いや、むしろ自ら進んで耳を傾けたといったほうが(笑)。


モデル: GR DIGITAL 3
ISO: 183
露出: 1/32 秒
絞り: 1.9
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 10/10/29 MacBook AirとPowerBookG4


というわけでMacBook Air、11インチ1.4G Core2Duo、64Gの最廉価モデルを、メモリ4Gに増設して購入です。この中にはデータは一切保存せず、MobileMeやDropBox、Evernoteなどを利用した完全クラウド化で使おうという魂胆です。
それにしても、初代MacBook Airから始まったアルミユニボディですが、この新型からディスプレイにまで徹底した結果、どこをひねっても小揺るぎもしない、なんとも堅牢なマシンに仕上がってます。この点だけ見ても、安かろうヤワかろう、のネットブックなんぞとは比較にならないってもんです。剛性バリバリ、アルミ削りだしの一枚板です。その薄さも相まって、この中に電子部品が入ってるなんて想像できないほど。しかし中身は、フルサイズのMacと全く同じ機能を持っているわけです。なんちゃらエディション、とかじゃないですから(笑)。

さて、今回の11インチMacBook Airが発表されて、一も二もなく飛びついたのには理由があります。それは、俺がかつて、2004年に購入した最初のMacが、あのPowerBookG4の12インチモデルだったからです。今回の11インチモデルは、俺にとってまさにその再来に思えたわけですよ。待ちに待った、ムリせず持ち出せるポータブルMacの再登場というわけです。
なので、早速押し入れ(笑)の奥から、なつかしいPowerBookG4の12インチを引っ張り出してきまして、比較撮影となりました。


モデル: GR DIGITAL 3
ISO: 192
露出: 1/32 秒
絞り: 1.9
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 10/10/29 MacBook AirとPowerBookG4


はい、仲良く並んだ12インチのPowerBookと、11インチのMacBook Airです。何年かぶりに引っ張り出してみて、PowerBookの重さにまずひるみました。ちょっと片手で持つにはキツイくらいの重さです。当時はこれを毎日持ち出して通勤してたわけですが、よく頑張ったもんです(笑)。そしてお弁当箱のような厚さ!これはもう、比較するのも可哀想なんですが、比較しちゃいます。


モデル: GR DIGITAL 3
ISO: 176
露出: 1/32 秒
絞り: 1.9
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 10/10/29 MacBook AirとPowerBookG4



モデル: GR DIGITAL 3
ISO: 542
露出: 1/32 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 10/10/29 MacBook AirとPowerBookG4



モデル: GR DIGITAL 3
ISO: 154
露出: 1/17 秒
絞り: 1.9
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 10/10/29 MacBook AirとPowerBookG4



これが、7年という歳月なんですねえ。PowerBookのディスプレイの厚さなんて、ほとんどMacBook Airの本体と変らないくらいあります。しかも、やけにたくさんポートがあると思ったら、AC電源の隣はモデムポートですよ!電話線をそのまま突っ込む穴が開いてるわけで、USBポートとミニディスプレイポートしか穴がないMacBook Airと比べたら、まさに時代の差、技術の差を感じずにはいられません。
もちろん、中身のスペック差は言うまでもありません。なにせ、このPowerBookの最期は、Second Lifeにログインしたらあまりの負荷の大きさにグラフィックボードが焼き切れた(!)ことだったんですから。

とはいえ、PowerBookの名誉のために言い添えるならば、このマシンのキーボードは最高でした。コクコクっとした心地いい手応えは、歴代のどのマシンよりも、どの外付けキーボードよりも俺のお気に入りでしたから。最初のMacとして思い入れも深い12インチPowerBookG4は、いまだに捨てられずにいる大事なマシンです。

しかし、それはそれとして、やっぱり新しいMacBook Airは素晴らしい(笑)。PowerBookがアルミ板を折り曲げて作ったお弁当箱ならば、MacBook Airはアルミダイキャストの超合金ロボです。しかも軽い!
文句なしの素晴らしい作品です。そうなんですよ、「作品」といった感じなんですよね、この質感は。


モデル: GR DIGITAL 3
ISO: 130
露出: 1/32 秒
絞り: 2.5
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 10/10/29 MacBook AirとPowerBookG4



モデル: GR DIGITAL 3
ISO: 64
露出: 1/55 秒
絞り: 1.9
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 10/10/29 MacBook AirとPowerBookG4



モデル: GR DIGITAL 3
ISO: 154
露出: 1/30 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 6mm
フラッシュを使用: いいえ

送信者 10/10/29 MacBook AirとPowerBookG4



ついつい写真をたくさん載せすぎましたが、新しいMacBook Airの完成度に驚きつつ、古いPowerBookの時代に想いをはせてみる、2010年の10月の終わりだったのでした(笑)。

テーマ: Mac | ジャンル: コンピュータ

The Beatles, Finally, On iTunes | Home | 電波状況改善(の予定)!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する