ビーターブラブラ奏法

右足のバスドラの踏み方ですが、新しいやり方が次第に身についてきました。
いままで20数年、ポーカロ式スライド奏法で通してきたわけですが、どうしても力んでしまうのが問題だったわけです。特に連続した細かい音符を踏む場合、力んじゃうと足が固まってしまうので致命的。なぜ力んでしまうのかというと、スタートの時点で踏み込んだ状態だから、なんですね。ぐっとヘッドにビーターを押し付けた状態から、放して踏む、という動きなので、どうしても押し付けた状態で力んでしまう。

足のモーラー奏法を実行するためにも、力みは厳禁なわけで、そのためにはヘッドにビーターを押し付けない『オープン奏法』をマスターする必要があるわけです。しかし、ただオープンにするだけではなく、ペダルのスプリングの動きを常に感じて、ビーターを『ブラブラ』させながらコントロールするような感覚が必要なわけですね。
そのやり方が、ようやく身についてきました。

この『ビーターブラブラ奏法』ができるようになって、足の力みもなくなりましたし、何よりビーターがいままでより返るようになり、細かい音符でも音の粒立ちがよくなりました。また、小さい音量でも細かい音符のコントロールが楽になりました。Plastic Soul Bandのベースのコージーからも「音が変わりましたね」と言われて、ご満悦、です(笑)。

どんな状況でも力まないよう、ビーターのブラブラをコントロールするにはまだまだ慣れが必要だと思いますが、ようやく足モーラーをマスターするための基礎ができてきたような気がします。さらに練習、練習。

Plastic Soul Band『Magical Graffiti』発売記念ライブ
3月6日(土)吉祥寺Star Pines Cafe

ゲストプレイヤー
Trumpet : 上石 統
Trombone : 荻野 淳
Baritone Sax : UGAMARI

Open 18:00
Start 19:00
チケット ¥2,600(前売り/当日)+Drink

チケットご予約はこちらへ

テーマ: 音楽のある生活 | ジャンル: 音楽

ホーンズリハ動画 | Home | バレンタインなので

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する