とりえあず一段落

先週末からずっと、ロイ渡辺氏関係の新しい単行本の執筆に追われていたが、ようやくこれで手離れしたか!?といった感じ。
今回は初めて単行本の本文の執筆に携われて、俺としても新しい仕事のジャンルだったんでとても有意義だった。ロイ氏との連携作業も楽しかったし、充実感があった。
問題があるとすれば…もう数日早く手をつけていれば、こんなに徹夜の連続にならずに済んだのに…ってことで、これはもう悪い癖なのは分ってるんだけどね。
次は教訓を生かしたいと思ってます。次があれば…だけど(笑)
何はともあれ、ロイ氏に感謝。

そんなワケで、安心して心霊の原稿にとりかかれる…え、締め切り今日だっけ?
晩秋の嵯峨野 | Home | Plastic Soul Band Podcasting 【jojo編】

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する