DW5000CX

少し前の話になりますが……10年使ってきたDW5000AX(偏心カムアンダープレートあり)がさすがにガタガタに痛んできたので、思い切ってペダルを新調しました。
楽器屋でいろいろ並べて試奏した結果、いちばん感触がよかったのがこのDW5000CX(真円カムアンダープレートなし)です。
かつてポーカロが使ってたのと同じタイプですね。

DW5000CX


実は、試奏して良ければDW9000もやむなし……と思っていたんですが、踏んでみるとどーもかっちりし過ぎる感じで、足元がゴツくなりすぎる見た目もなじまないんで、ヤメです。値段も高過ぎるしね。
その点この5000CX君はお値段も手ごろな上に、踏んだ感じも適度にしなりがあって、パワーも充分。足にフレンドリーな感じがとてもグーでした。

DW5000CXアップ


以前のモデルと比べると、細かな改良点がいくつかあるようです。
特に顕著なのがこの部分。ペダルアングルとビーターアングルの調整が無段階になってます。チューニングキーで調整できるのもうれしいポイント。
あと、ビーターシャフトにストッパーがつくようになりました。ちょっと前に流行ったビーターウエイトじゃなくて、ストッパーなところがミソ。これによって、ビーターを裏返してフェルトと平プラスティックを使い分けるときも、ワンタッチで打面に対する平行を保つことができます。
細かなアイデアだけど使い勝手に影響しそうなポイント。

ペダルを新調してみると、どーも最近下手になったのか? みたいな違和感のあった部分が、実はペダルの不調によるものだったことがわかったりして、実にフットワークが快適になりました。さすがは名器と言われるだけのことはあります。
永遠のスタンダード、DW5000CXでした。

テーマ: 楽器 | ジャンル: 音楽

ヨドバシカメラ吉祥寺前夜 | Home | The Police復活!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する