田代島に行ってきました(その3)

田代島シリーズその3、今日は猫の写真をたくさん掲載しましょう。

同じ船でやってきたお姉さんにエサをもらって、お行儀よく食事中の猫たち。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/160 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 63mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




「あなたは何かくれないんですか?」

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/400 秒
絞り: 4.5
焦点距離: 70mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




まだ若いトラ猫くんが先輩にご挨拶。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/250 秒
絞り: 4.5
焦点距離: 70mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




この子もまだ若い感じ。おそらく震災後に生まれた世代なんでしょうね。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/200 秒
絞り: 4.5
焦点距離: 70mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




島の高台にある ”猫神社” 。猫神社と言いながら周囲に猫は一匹もいず(笑)。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 200
露出: 1/30 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 26mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




こんな感じの緊張感はやっぱりあります。とはいえ、みんな食事には不自由してないので本気ではありません。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 125
露出: 1/2500 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM




この子は島でみたなかで一番若い猫でした。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 500
露出: 1/3200 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 145mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM




島の人に聞いたところ、震災のときの津波でかなりの数の猫が流されてしまったそうです。思ったほど島に猫がいなかったのはその影響もあったのでしょう。経験の浅い若い猫ほど被害にあったであろうことは用意に想像できます。
”猫の島” としての田代島の震災復興は、そういった意味からもまだ数年はかかるのではないでしょうか。


あにまるロゴ

テーマ: 動物の写真 | ジャンル: 写真

田代島に行ってきました(その2)

宮城県の田代島、その2です。

そんなわけで石巻から1時間ほどの船旅で島に到着したわけです。港にはすぐ、数匹の猫たちがいて出迎えてくれました。みなとてもフレンドリーで、にゃあと言いながらこちらに近づいてくる猫も珍しくありません。

「でもボクはこの下が好きなんです」

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 500
露出: 1/60 秒
絞り: 6.3
焦点距離: 67mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




「なにか美味しいものは持ってないんですね…なぁんだ」

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/250 秒
絞り: 4.5
焦点距離: 70mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




まだ若いこの子はとても人間が好きみたいですね。俺みたいにカメラを持って撮影に来てるおじさんにも、とりあえずご挨拶に来てくれます。
猫をなでているこの方も休暇を取って東京から撮影に来たそうで、しばらく一緒に歩いたりしてみました。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 200
露出: 1/80 秒
絞り: 6.3
焦点距離: 67mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




島の内陸へ入っていくと、こんな感じの狭い上り坂になります。商店などは一切ナシ。公衆トイレもナシ。自動販売機は港にひとつだけありました。
猫で島起こしはしてますが、それほど力を入れて観光客を呼び込んでいる様子はありませんね。まあ、そのナチュラルさがまたいいんでしょうね。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/1600 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 24mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM



機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/200 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 31mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




よく晴れたいい天気でとてもよかったのですが、その分暑い……知らなかったんですが、東北の日差しというのはもしかしたら東京より強いのかもしれません。空気がキレイだからかな?
しばらく集落を歩き回ったら思いの他疲れてしまって、海岸でしばらく休憩しました。カメラバックパックにカメラが2台、着替えやパソコンなどの入ったボストンバッグなど旅装一式を持ったままだったからよけいダメージがあったのかもしれません。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/640 秒
絞り: 11.0
焦点距離: 24mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




「まあ、のんびりやんなよ」

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/250 秒
絞り: 4.5
焦点距離: 70mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM



旅はまだ続きます。


あにまるロゴ


テーマ: 動物の写真 | ジャンル: 写真

田代島に行ってきました(その1)

”猫の島” として有名な、宮城県の田代島に行ってきました。

田代島は、東日本大震災の被災地でもある石巻から船に乗って1時間のところにある島です。島には昔から漁師たちが ”大漁を招く縁起の良い生き物” として猫を大事にしたことから、多くの猫たちがいたそうです。近年では村おこしの一環として『にゃんこ・ザ・プロジェクト』を立ち上げ、猫の島として観光客を招いているそうです。
まあ要するに、猫たちがたくさんいる島、というわけですね。動物写真家としては行ってみずばなりますまい、というわけです。

東京から行く人間としては、とりあえず石巻に一泊することにしました。新幹線で仙台まで行って、在来線で石巻へ……しかし乗り継ぎを間違えたのか、途中のなーんもない駅で1時間も待たされたりして、思わぬ長旅になってしまいました。しかしまあそれも、待合室でふたりきりになった地元の気さくなおじいさんのとりとめもないいろんな話を聞けたりして、楽しかったんですけどね。

石巻では、駅前の小さな旅館に泊りました。まあ、安かったから選んだんですけど、その代わりと言ってはなんですが、夕食はひどかったです(笑)。あまり言いたくはありませんが、トラウマになりそうなほどでしたね。
旅行先では食事がまずいと旅する意欲も半減する、という教訓を得ました。

まあ、それはそれとして……翌朝いちばんで石巻港に向いました。いつも観ている『梅ちゃん先生』を連絡船の待合室で観るのもヲツな体験でしたね。なるほど、NHKは全国区だなあと。

これが田代島への連絡船 ”マーメイド号” です。思ったよりずっと小ぶりな船で、サンタバルカ号悪夢楽しい経験がよみがえります(笑)。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/500 秒
絞り: 11.0
焦点距離: 24mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




船内はこんなカンジ。ビロード張りのシートが昭和でいい感じです。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/100 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 24mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




港には未処理のガレキが大量に積み重ねられていて、震災の被害の大きさをしのばせます。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/4000 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 35mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




石巻がみるみる遠ざかっていきます。船の後部甲板には軽トラックがそのまま積まれていたりして、島と本土との物資を運ぶ連絡船の役割を思い知ります。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/4000 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




海はそこそこ大きくうねっていて、けっこう揺れました。最初はデッキに出て写真を撮ったりしていましたが、胃袋にヤバい兆候を感じて、そこからは船室に戻ってひと寝入りしていました。みると観光客以外の地元の人々はみんなベンチに横になっていて、なるほど無駄に起きていて酔うよりは、そうして寝ているのが正しいんだな、と知りました。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/250 秒
絞り: 16.0
焦点距離: 24mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




そんなこんなで、1時間ほどで田代島に到着です。島の港はホントにこぢんまりとした漁港で、観光客向けの気の利いた施設などなにもありません。予備知識がないと途方に暮れてしまいそうです。俺はとりあえずみんなの後をついて歩いて行きました。港では漁師のみなさんが網をつり下げて作業していました。このとき何をしていたかは、後で知ることとなります。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/80 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 35mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM



機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/320 秒
絞り: 8.0
焦点距離: 24mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM




そんなわけで、猫が出てこないまま(笑)続きます。


あにまるロゴ

テーマ: 動物の写真 | ジャンル: 写真

標準Lズーム第二世代


機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 400
露出: 1.0 秒
絞り: 9.0
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ



現在、防湿庫に入ってるレンズは9本(!意外に持ってる…)なんですが、そのうちズームレンズは2本しかありません。それは、24-70mmのいわゆる”標準ズーム”と、70-200mmの”望遠ズーム”です。
どちらもF2.8Lの、いわゆる『大三元ズーム』のうちの2本なんですが、広角域は使わないので『大三元』を揃える気はありません。とりあえずこの2本があれば、24mmから200mmまで、2倍エクステンダーを使えば400mmまでカバーできるのでズームレンズとしては充分なんですね。
そのうち、70-200mmの「望遠域」は名玉の誉れも高い『EF70-200mmF2.8L IS II USM』なので、何の不満もありません。というかこのレンズがあるからこそキヤノンを使ってる、くらいの超お気に入りなんですが、だからこそ、24-70mmの「標準域」には不満がありました。

その『EF24-70mmF2.8L USM』は2002年に発売された、デジタル対応のレンズとしては古いモノの部類に入ります。もう10年前のレンズですね。F2.8の明るい標準ズームとしてはこれが唯一の選択肢だったんですが、さすがに2010年発売の『EF70-200mmF2.8L IS II USM』に比べると、なんだかしっくりしない。そんなに厳密なレンズの性能を見極められるような人間ではないですが、それでも「なーんかよくないなあ」という感覚をずっと持ちながら使っていました。(だからこそ、標準域の単焦点レンズばかり増えてしまったんですが……)
いや、決して悪くはないんですが、「おおっ!」という感動もないというか……贅沢な話ですが。

そんな標準ズームがリニューアルされるという噂が出たのは去年の末くらいだったでしょうか。キヤノン提供の『写真家たちの日本紀行』(BS Japan)を観ると、そこに登場するプロたちは去年の年末くらいからみんな新しい標準ズームを使っていました。その後登場した5D3、1DXの広告にも当然のように新しい標準ズームが使われていました。
そして2月の『CP+』で正式に発表された『EF24-70mmF2.8L II USM』ですが、俺としては当然即予約しました。これで標準ズーム域の不満が解消される、『EF70-200mmF2.8L IS II USM』と同等の性能の標準ズームなんて凄いぞ、と。


機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 400
露出: 2.5 秒
絞り: 9.0
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ


当初、新しい『EF24-70mmF2.8L II USM』の発売予定日は4月ということでしたが、それが7月に延期され、そしてまた9月に延期され……もしかしたらまた延期になるんじゃないか、年内には出ないかもしれない、などとまことしやかな噂が流れる中、突如として「9月6日発売」の報が流れたのが、9月4日だったでしょうか。
もうね、俺はなんだかんだ、予約した地図カメラに3回くらい電話しましたよ(笑)。入手できるか心配で。
しかし、なんとか発売日にゲットすることができました。地図カメラによると、入荷台数は「数十台だけ」とのことで、2月に予約した人でも、初回ロットを手にできない人がいる、ということでした。
なんせみんなが待っていた”第二世代の標準Lズーム”ですからね。きっと品薄状態はしばらく続くだろうと思います。


機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 400
露出: 4.0 秒
絞り: 9.0
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ


77mmだったレンズ径が82mmに大型化されましたが、全体の印象としてはコンパクトに、軽くなりました。旧型で特徴的だった”ワイドで伸びて、ズームで縮む”ボディも、普通に”ズームで伸びる”方式になりました。その伸び方も想像したよりずっと小さくて、ズームしてもコンパクトさは保っています。
旧型のレンズフードは、伸びる”根本”に装着する方式で、大きく深いものでしたが、今度のは普通に先端に付ける方式でコンパクトです。旧型のは収納時に逆付けするとレンズの大部分を被ってしまって扱いづらかったんですが、新型はそこも改良され俺としては満足です。


機種: SIGMA DP2 Merrill
ISO: 400
露出: 2.0 秒
絞り: 9.0
焦点距離: 30mm
フラッシュを使用: いいえ


とりあえず、部屋の中で簡単に試し撮りしてみました。全て絞り開放で、1DXに装着して手持ち撮影です。
まずはズーム端、70mmで。


機種: Canon EOS-1D X
ISO: 5000
露出: 1/80 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 70mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM


そしてワイド端、24mmです。俺の汚いデスクトップで申し訳ないですが(笑)。


機種: Canon EOS-1D X
ISO: 1600
露出: 1/80 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 24mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L II USM


これだけではまだなんとも判断がつかないですが、印象としてはかなりシャープで、ボケも大きくて好印象です。あとは明日あたり、どこかで本格的に撮影してみようと思っております。
といっても、井の頭公園のわんこ、だとは思いますが(笑)。

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真

江ノ島の動物たち(その2)

江ノ島の動物たち、後編です。

そんなカンジでエスカーで登って行くと、途中の展望台から、見えました。江ノ島と言えば、トンビです。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 500
露出: 1/800 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 360mm
EF70-200mmF2.8L IS II USM+EF2X III Extender




そこから頂上までエスカーで登って、さらに先へ進むと”稚児ヶ淵”という岸壁に出ます。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/160 秒
絞り: 10.0
焦点距離: 24mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L USM




波がすぐそこまで来てる岸壁に下りることができます。カモメも海をながめて遠い目をする太平洋の絶景。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 100
露出: 1/1000 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM+EF2X III Extender




そしてトンビが優雅に風に乗っています。何か狙ってるのかな?

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM+EF2X III Extender




ホントに気持ちよさそうに、悠々と空を舞っています。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 2500
露出: 1/1000 秒
絞り: 6.3
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM+EF2X III Extender




足元の潮だまりにはこんな生物だっています。カニカニ。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 1000
露出: 1/400 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM+EF2X III Extender




人が行けない遠くの海岸では、トンビたちがじっくり獲物を楽しんでいました。魚でもつかまえたのかな?

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 400
露出: 1/1000 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 400mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM+EF2X III Extender




帰りは江ノ島入り口まで送ってくれる連絡船でラクチンに戻りました。
駐車場までの道行きで、コーヒーで休憩しようと立ち寄ったカフェにも猫がいました。ここで飼ってる10歳を越えるおばあちゃんだそうです。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 320
露出: 1/80 秒
絞り: 5.0
焦点距離: 70mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L USM


はいはいダメよ、とママさんに連れ戻されてます。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/60 秒
絞り: 5.0
焦点距離: 57mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L USM




最後はヨットハーバーの方にいた猫たち。こいつはこちらに近寄ってきて、にゃー、とアピールしています。すまんね、何も持ってないんだけど写真撮らして(笑)。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/200 秒
絞り: 5.0
焦点距離: 160mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM


「ちぇ、なにもくれないのかあ」

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 250
露出: 1/160 秒
絞り: 5.0
焦点距離: 130mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM


ヨットハーバーにはもう1匹いました。コイツはちょっとクールな感じ。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 250
露出: 1/200 秒
絞り: 5.0
焦点距離: 190mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM




そんなカンジで、なかなかいろんな動物に会えて満足な江ノ島の一日でございました。
しかし、飛びモノの練習をもっとせにゃあいかんな……(笑)。


あにまるロゴ

テーマ: 動物の写真 | ジャンル: 写真

江ノ島の動物たち(その1)

友人から「江ノ島はぬこぬこ天国だよ〜」と情報をいただきまして(笑)、さっそく行ってまいりました。
猫もそうですが、1DXでトンビを撮りたい、という狙いもあります。飛びモノ実験、ですね。
ホントは早起きするつもりだったんですが、吉祥寺を出たのは結局お昼ごろで、江ノ島に到着したのは午後2時にならんとしているころでした。

車を止めて、まずはお土産屋さんの立ち並んでいるあたりに向って歩いていくと、なにやら人だかりが。なんとタカを腕に乗せた人が観光客にかこまれているのでした。なにやら、鷹匠さんがタカを人慣れさせる訓練としてここにやって来ているとのこと。早速俺もお願いして写真を撮らせてもらいました。

コイツはハリスホーク(モモアカノスリ)だそうです。まだ若いんでしょうね、小柄です。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/1000 秒
絞り: 3.5
焦点距離: 27mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L USM




いっしょにメンフクロウもいました。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/640 秒
絞り: 3.5
焦点距離: 70mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L USM




こんなカンジで触っても大丈夫だそうです。ちょっとビクビク、ってカンジですが(笑)。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/200 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 38mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L USM




そこからエスカー方面に参道を登っていくことにします。平日でしたが、狭い参道はけっこうな人ごみです。休日だったら猫を撮るどころじゃなさそう。
しかし、なるほど参道の商店街には猫がたくさんいました。立て看板がしてあって、ここの猫達はみんな捨て猫で、商店街の有志でエサをあげてるそうです。募金箱もあったので、猫撮りに行く人はぜひ募金を。

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 640
露出: 1/320 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 365mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM+EF2X III Extender



機種: Canon EOS-1D X
ISO: 250
露出: 1/320 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 278mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM+EF2X III Extender



機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/320 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 70mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L USM



機種: Canon EOS-1D X
ISO: 2000
露出: 1/1000 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM+EF2X III Extender


こいつはエスカーのチケット売り場のところにデンと寝ていました。ダレきってるようでいて、この耳は生存競争の激しさを物語ってますな。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 640
露出: 1/50 秒
絞り: 10.0
焦点距離: 50mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L USM


ただ、こいつはダレきってます。言い訳できないほどの酷い姿(笑)。

機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 200
露出: 1/80 秒
絞り: 11.0
焦点距離: 70mm
フラッシュを使用: いいえ
EF24-70mmF2.8L USM


「なんですか?いいじゃないスか」

機種: Canon EOS-1D X
ISO: 250
露出: 1/640 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 380mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM+EF2X III Extender




そんなカンジで、エスカーに乗って上を目差しました。長くなっちゃったので続きます。


あにまるロゴ

テーマ: 動物の写真 | ジャンル: 写真

隅田川散歩

ちょっと前のことになりますが、浅草でのポートレート撮影のためのロケハンとして、吉原界隈を歩き回りました。
「遊女の休日」のロケーションはやっぱり吉原だろう、と。
しかし、現代の吉原は単なる風俗街になってまして、写真的にいいロケーションは見つかりませんでした。それで、仕方名がないので隅田川まで歩いて、川沿いを浅草まで散歩してみました。
持って行ったカメラは5D3、レンズは28mmF1.8とツァイスプラナー50mm、100mmF2.8Lマクロです。その他、バッグにはいつもGRD3とSIGMA DP2Merrillが入ってます。


まずは吉原で見つけた夏の下町らしい風景。窓によしずを垂らす風景なんて懐かしいですね。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/250 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 50mm
フラッシュを使用: いいえ
Carl Zeiss PlanarT* 1.4/50 ZE




吉原大門からまっすぐ隅田川方面へ歩いて河原へ。ここからだと東京スカイタワーがよく見えます。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/400 秒
絞り: 5.0
焦点距離: 50mm
フラッシュを使用: いいえ
Carl Zeiss PlanarT* 1.4/50 ZE




隅田川の遊歩道を歩いていくと、近所のご老人が野良猫に餌をやってるところに出くわしました。この三毛はこの辺の野良猫たちのお母さんなんだそうです。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/100 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM





機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/160 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM




エサをもらったら、お気に入りの場所でひとり毛繕い。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/160 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM




この子は三毛の息子。まだ甘えン坊でしょうがねえよ、とおじいさん談。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/100 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM




お互いご挨拶。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 125
露出: 1/80 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM





機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/100 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM




食後の運動をお母さんと。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/80 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM




お母さんのほうがまだ遊びたそうです。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 125
露出: 1/100 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM




川沿いの遊歩道は、近所のわんこたちのいい散歩コースになってるみたいです。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 125
露出: 1/100 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM





機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 320
露出: 1/80 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM





機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 320
露出: 1/80 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM





機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/125 秒
絞り: 4.0
焦点距離: 100mm
フラッシュを使用: いいえ
EF100mmF2.8L Macro IS USM




ご夫婦で夕方散歩。仲良くスカイツリーをながめて、いい感じですね。


機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 125
露出: 1/30 秒
絞り: 5.6
焦点距離: 28mm
フラッシュを使用: いいえ
EF28mmF1.8 USM





機種: Canon EOS 5D Mark III
ISO: 100
露出: 1/400 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 28mm
フラッシュを使用: いいえ
EF28mmF1.8 USM




そんなカンジで、日が暮れるまで隅田川ぞいを散歩した夏の終わりでございました。



あにまるロゴ

テーマ: Canon Photo | ジャンル: 写真

1DXでライブ撮影

新兵器1DXでライブ撮影の実験。友人のバンド『FlatLandCoil』を撮影してみました。
吉祥寺のライブハウス”Planet K”にて。レンズは70-200mmF2.8LIIのみです。

ライブ撮影というのは基本暗がりなのに加えて、色が変わったり逆光になったりと刻々と変化するライティング、激しく動き回る演者、限られた撮影アングルとカメラマンにとってはかなり厳しい条件が重なります。カメラにとっても、高感度耐性、暗所のAF精度、特殊なライティングに負けない色再現性とホワイトバランスなど、試される性能は多岐にわたるわけです。
そんななか、キヤノンの最新技術を詰め込んだフラッグシップたる1DXはどんな性能を見せてくれたのか?


機種: Canon EOS-1D X
ISO: 12800
露出: 1/250 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 182mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM





機種: Canon EOS-1D X
ISO: 3200
露出: 1/250 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM





機種: Canon EOS-1D X
ISO: 6400
露出: 1/500 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 75mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM





機種: Canon EOS-1D X
ISO: 6400
露出: 1/400 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 165mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM





機種: Canon EOS-1D X
ISO: 12800
露出: 1/250 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM





機種: Canon EOS-1D X
ISO: 12800
露出: 1/250 秒
絞り: 3.2
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM





機種: Canon EOS-1D X
ISO: 6400
露出: 1/500 秒
絞り: 2.8
焦点距離: 200mm
フラッシュを使用: いいえ
EF70-200mmF2.8L IS II USM




いかがでしょう?1DXだと、ライブ撮影がいとも簡単なものになってしまいます。いや、これは誇張でもなく、ホントに簡単、カメラが撮ってくれるカンジです。ISOオートにしておけば、絞りもSSも好きな数値に設定できるわけですから。ISO6400だろうと12800だろうと、何の問題もありません。
AF性能も驚きです。カスタマイズメニューの『被写体追従性』を『粘る』方向に設定しておけば、いったんフォーカスしたメンバーの前を他のメンバーが横切ろうと、AFはロックオンしたままです。特にドラマーを撮る場合、うっかりするとフォーカスがドラムセットやマイクなどの、ドラマーの前にある光るモノに引っ張られたりするものなんですが、しっかりドラムセットの後のドラマーの顔を捉え続けてくれてます。
全く凄い、全く簡単でございます。しかも爆速連写ですから。ますます「カメラにお任せ」な感じで撮れます。
ここまで簡単になってしまうと、カメラマンの存在意義に疑問を感じてしまうほどなんですが、失敗が少ないということはいいことですから。
ライブカメラマンは女房彼女を質に入れてでも(笑)手に入れるべき武器かもしれません。

ブラッグシップ、恐るべしです。


あにまるロゴ

テーマ: Canon Photo | ジャンル: 写真