FC2ブログ

脳梗塞をやってしまいました

さてさて、ずいぶんお久しぶりの更新となってしまった太鼓屋放言2ですが、今回はご報告でございます。

実はもう1ヶ月ちかく前になりますが、10月8日、忘れもしない体育の日でお休みの月曜日でしたが、この日になんとワタクシ『脳梗塞』の発作を起こしました。

というとバッタリ倒れたみたいですが、実際はそんなドラマチックなことはなく、お昼ごろMacに向かっていたら、トラックパッドをさする右手の感覚がおかしくなったのが発端でした。あれれれえ、これ何だろう?ちょっと頭もクラクラするし、身体は重いし低血糖になったかなあ?くらいに思っていたんですね。実際このあと歩いてカフェに昼飯食いに行ってましたし(笑)。
しかし歩いてカフェに行くのはちょっときつかったです。やっとの思いで到着して、外出してた相方と合流したわけですが、そしてそこで、自分のクチがおかしいことに気付きました。呂律が回っていないのです。そんな状態で食事をしたあと、また歩いて自宅に帰りました。(いまにして思えばよく歩いて外出したと思いますが……)
家に帰って、少し寝れば治るだろう、とベッドに入りました。目覚めたのが18時くらいだったでしょうか。目覚めたワタシが相変わらずロレツがレロレロなのをみて、相方が顔色を変えて救急車を呼んだのでした。

脳梗塞、いわゆる脳の血管のトラブルです。脳の中の細かい血管が詰まってしまうことで、その部分の脳の組織が壊死してしまうんですね。どれだけの範囲が壊死したのか、が症状の重さに直接関係する部分なわけですが、ワタシの場合は直径1cmちょっと、くらいの小さな範囲で済んだのがまだラッキーでした。
しかしとはいえ、壊死してしまった脳細胞は決して復活しないわけで、そういう意味では「治りません」と医者が断言するだけのことはある病気です。ええ、断言するんですよ、医者が(笑)。死んでしまった脳細胞は決して取り返しがつかないと、散々言われるわけです。これはなかなかヘビーで落ち込みますよ。
というのは、脳梗塞と言うのは「生活習慣病」に分類されるもので、そうなったのが自分の生活習慣のせいだ!というわけです。自分の生活習慣のせいで高血圧になり、それを放置したから脳の血管がキレちゃっんだよ!ぜんぶあなたのせいなんです!というわけですね。

確かに、ワタシはもうこの10年くらい、健康診断のたびに「血圧が高い!」と言われ続けてました。でも、即薬を処方されるようなこともないくらいだったんですよね。母親もずっと高血圧で、これは母方の遺伝だからきっと大したことはないんだと(笑)。
そして確かに腹は出てますがそんなに暴飲暴食なわけでもなく、生まれつきこういう体形なんだと思ってたわけです。タバコは吸いますがお酒も飲みませんしね。
なのでそんな「自業自得だ!」的なことを言われましても、若干腑に落ちないところもあるんですよね(笑)。

だがしかし、脳梗塞です。なってしまったものはどうしようも取り返しがつきません。これからは否応なく「脳梗塞後」の人としての人生を歩んでいくことになったワタシでございますよ。
んで、脳梗塞になってしまったらどうなってしまうのか。それはやはり、脳が一部分壊れてしまったわけですから、それなりの影響が出てきます。端的なところはまず、運動能力ですね。身体のあらゆる部分のマヒとの戦いです。
手足を動かすこと、言葉を発すること、知覚能力の衰えなど、脳のマヒの影響は人生のあらゆるところに影響を及ぼします。人体というシステムの中枢は脳ですからね。
まあ、幸いなことにワタシの場合はごく軽微で、後遺症として残ったのは手足の軽いマヒ(主に右手)と、ごく軽い言語のマヒです。ただ言葉の方は入院時のリハビリでだいぶリカバーできました。なので普段の生活でロレツが回らないなんてことにはならなくて済みそうです。
右手のマヒでは、字を書くことがまだ不自由ですね。それ以外の日常生活はほぼ大丈夫、と言えるところまでなんとか回復いたしました。もちろん写真を撮るのには全く問題ありません。
ドラムは……どうだろうなあ?(笑)まだ叩く機会がないのでわかりませんが、たぶん大丈夫なんではなかろうか?
まあ、楽観しております、そのへんは。

写真屋放言#26 更新しました

YouTubeコンテンツ『写真屋放言』ひさしぶりに更新いたしました。



今回は6月に購入した富士フイルムX100Fについて、そのいいところ、注意すべき使い方、など語ってみました。
ひさしぶりなので調子が出るかな、としゃべり始めましたが、気がついたら20分くらいひとりでしゃべってまして(笑)
なんとかムダなところをカットして17分弱にまとめました。

毎回ですが、こういうひとり語りの動画を作るとき、最初のころはレジュメ的なものを作ってましたが、すぐにやめまして(笑)リハーサルなしの一発勝負で思いつくまましゃべっております。我ながらよくやるなあ、とあきれます(笑)。

今回作例たくさん入れ込んでおります。よかったらご覧くださいませ。

モモステ装着

さて、老アバルトと一緒に暮らし始めたワタシですが、もうひとつ何とかしなければならない課題がありました。
そう、13万キロを経てボロボロになって革が剥けちゃってるステアリングホイールです。

アバルトのステアリングホイールはFIAT500と共通の形状なんですが、FIAT500の時代からどうもいまひとつ不満でした。
ひとつにまとめられたメーター類を見やすくするためか、径が大きく太すぎるんですね。しかも下が平らなDシェイプで、さらに円の中心に回転軸がなくて、ちょっと下にオフセットされてるんです。
なんせ違和感があるし、回しにくい。握りのところに凹凸のあるグリップ形状にはなってますが、太くすりゃいいってもんじゃないです。

なので、今回は早々にステアリングを交換することにしました。と言っても、いままでステアリングホイールを交換したことなどありません。いろいろ調べたところ、ステアリングホイールの交換にはホイール本体だけではなく、その土台となるステアリングボスも購入しないとならないらしいです。
しかも、今回どうせなら、と昔っぽいシンプルなステアリングホイールにしたいんですが、そうなると当然内部にエアバッグは内蔵できません。しかしただエアバッグを外してしまうと、車のセンサーがエアバッグ不良、と関知してしまうんですね。なのでエアバッグ回路のキャンセル、という工程も加わるのです。なのでやはり、プロに依頼する必要があります。
ただハンドルを取って付け替えりゃいい、ってモンじゃないんですね。最近の車は何かと複雑で面倒です。

しかしまあ、とりあえずまずはステアリングホイールを選びました。
いろいろ迷いましたが、やはりベーシックなMOMOかナルディ……やはりここはMOMOでしょう。
純粋にデザインで選んでコレになりました。




新品で最安値だったヤフオクから。MOMOのフルスピードというモデルです。径は32で、平面じゃなく内側が引っ込んでるディープコーンモデルです。
白、赤、黒とありましたが白をチョイス。ただしホーンボタンのデザインは最悪だったので、シンプルなMOMOロゴの黒いものを別途購入です。

帰ったらこんなものが届いてたぞw #momo #stearingwheel

Joe Motohashiさん(@jojotaikoyaro)がシェアした投稿 -



これですよ。MOMOの革巻きステアリング。スポークの黒のヘアライン仕上げもカッコいいです。
とりあえずブツ撮りしてみました(笑)。


DSCF1719
Fujifilm X-H1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/5.6 90.0 mm 0.5sec ISO6400
Classic Chrome


DSCF1730
Fujifilm X-H1
XF35mmF1.4 R
ƒ/4.0 35.0 mm 1/15 ISO3200
Classic Chrome




さて、装着をどこに依頼するか……いろいろ調べてみた結果、フィアット/アバルト用のモモ対応ステアリングボスを自社製作している、横浜の”スクーデリア・デスティーノ”さんにお願いすることにしました。

ステアリング取り付けで横浜のガレージへ。たまらん風景が広がっておりますw

Joe Motohashiさん(@jojotaikoyaro)がシェアした投稿 -





というわけで、1時間半ほどで装着作業も完了です。うちの老アバルトがモモステ仕様になりました。

DSCF0549
Fujifilm X100F
ƒ/4.0 23.0 mm 1/100 ISO250
Classic Chrome


DSCF0558
Fujifilm X100F
ƒ/2.8 23.0 mm 1/15 ISO3200
Classic Chrome



標準のステアリングホイールより径も小さく、グリップも若干細くなって実に握りやすく、回しやすくなりました。
イタリア車は昔から「手が遠く足が近い」と言われていますが、ディープコーンでポジションも手前に来るので、そのシートポジションもちょうどよくなりましたね。
ステアリング交換というと飛ばし屋の改造、的なイメージがありますが、実際に交換してみてこれは安全運転のためにも有効だなあと思いました。適切な運転姿勢と余裕あるステアリング操作は安全のための基本ですもんね。

ただし……いいことばかりではありませんでした。覚悟はしてましたが、ステアリングが手前に来るということは、ステアリングボスのさらに向こうに付いているウインカーとワイパーのレバーとの位置関係が変わってくるということですね。
ステアリングに手をかけたままだと、レバーに全く指が届きません(笑)。

DSCF0552
Fujifilm X100F
ƒ/4.0 23.0 mm 1/120 ISO200
Classic Chrome
撮影ロイ渡辺


さらにこれも予想されていたことですが、メーターが見えません(笑)。
元々酷く視認性の悪い初期型フィアット/アバルト500のメーターですが、ステアリング交換をするとスピード、回転計ともに肝心なところが全く見えません。
これが改良された最近のモデルですとメーター中央にスピードがデジタル表示されるので少しはマシだと思いますが、このクルマはぜんぜんダメです。
まあ、仕方ないので慣れていくしかないですね。

しかし、全体としては大満足です。運転するのがさらに楽しくなったモモステ装着のアバルト500なのでした。