2日連続ストリートスナップ

昨日はサザンオールスターズトリビュートバンド ”10 Carat” の打ち上げがありまして、神田まで久しぶりに飲みに行きました。
俺はお酒が得意ではないので普段はほとんど飲みに行くことはないんですが、せっかくのライブの打ち上げなので出かけたわけです。
実はその前に六本木の東京ミッドタウンに寄りまして、富士フイルムで新しいX-Pro2とXF100-400mレンズに触ったり、簡単な機材のメンテなどしてもらったんですが、その話はまた別の機会に……(笑)。

六本木から地下鉄を乗り継いで神田まで。JR神田駅前の居酒屋が会場だったんですが、地下鉄駅からだとちょっと歩きます。その間を利用して、ちゃちゃっとスナップしてみたりしました。
JR神田駅の高架下は総鉄骨組みになっていて、なかなかちょっとそそるものがあるんですよね。鉄骨、好きなんです(笑)。

DSCF3863
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/7.1 35.0 mm 1/40 ISO4000 Flash (off, did not fire)


DSCF3867
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/7.1 35.0 mm 1/20 ISO6400 Flash (off, did not fire)


X-T1にXF35mmF1.4という、スナップには鉄板の組み合わせ。フィルムシミュレーションはモノクロGフィルターで、シャドートーン+2で影を落とす最近のお気に入りのセッティングです。
このセッティングの利点のひとつに、ナイトスナップのISO値をガンガン上げられるってことがあります。むしろノイズ歓迎なカンジなので(笑)、ISO6400でもぜんぜん平気です。もちろんノイズリダクションは-2です。X-T1はそれでもあまりノイズ出ませんけどね。



で、駅前の居酒屋で2時間ばかり飲んで大騒ぎをしました(笑)。
当然のように2軒目に行くぞ、ってことになったわけですが、店探しはメンバーに任せて、俺はまたスナップです。
夜風に当たって酔いも醒めてきましたしね(笑)。

DSCF3875
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/8.0 35.0 mm 1/40 ISO6400 Flash (off, did not fire)


高架下で歌うストリートミュージシャン。実はもう1枚撮っていて、そっちのほうがミュージシャンにちゃんとフォーカスが来てたんですが、こちらの方がポーズがよかったのでこちらを採用です。
あまりジャスピンとかにこだわらなくなるのもモノクロの良さかも(笑)。



DSCF3879
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/4.0 35.0 mm 1/40 ISO6400 Flash (off, did not fire)


2軒目も決まって、お店の人が準備してる間に、メンバーにせがまれてこんな記念撮影を(笑)。
いい年のオヤジたちとは思えません。
しかし何の指示もなく、それなりのポーズが決まってしまうところがさすがバンドってところでしょうか。てか俺が入ってないじゃん!(笑)。
この後は後ろの焼鳥屋さんに入って、また終電近くまで飲んで大騒ぎをしたわけでした。


そして翌日、なんだかんだで寝坊してしまったワタクシは(笑)、仕方がないので夜の吉祥寺の街をフラフラとまたスナップするのでした。
2日連続でモノクロも面白くないので、今日はクラシッククロームで。カラーのパラメーターを-2にして渋い色合いを狙ってみました。

DSCF3888
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/2.0 35.0 mm 1/125 ISO400 Flash (off, did not fire)


昔からやってる乾物屋さん。商店の買い物風景ってなんだか好きです。



DSCF3913
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/16.0 35.0 mm 0.5 ISO400 Flash (off, did not fire)


群衆の中でひとりチラシを配っている女性をスローシャッターで浮き立たせてみました。シャッタースピードは0.5秒、つまり1/2ということですね。さすがにこの速度だと手ブレ補正のないXF35mmでは微ブレしますが、しっかり構えて撮ればなんとか見られるくらいの写真は撮れるということですね。



DSCF3918
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/4.0 35.0 mm 1/4 ISO400 Flash (off, did not fire)


味を占めてもう1枚スローシャッターを。隅っこに固まってなにやら楽しそうなJKたちです。
ちょっと露出オーバー気味なのでもうすこし絞ってもよかったですね。



DSCF3929
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/5.6 35.0 mm 1/125 ISO2500 Flash (off, did not fire)


吉祥寺のストリートスナップといえば、ハモニカ横丁にはつい行ってしまいます。
特に夜のハモニカ横丁には、つい写真を撮りたくなるような瞬間がたくさんあります。まあ、どこのスナップでもそうですが、長々とカメラを構えているわけにはいきません。歩いて、おっ、と思ったら素早く撮ることが肝心です。



DSCF3930
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/5.6 35.0 mm 1/125 ISO6400 Flash (off, did not fire)


このショットもそうですね。歩いていて、手を繋いで仲良く歩いているカップルとすれ違ったので、素早く振り向いて1枚撮りました。
もちろん瞬発力と反射神経が求められますが、カメラのセッティングを常にいつでもシャッターが切れる状態に準備しておくことも大事ですね。
その点、いちいち液晶画面を確認しなくてもセットアップできるXシリーズのカメラはスナップにとても向いているといえます。
あまり暗い場所だと手元が見えなくて困りますが……。
しかしホントにスナップを専門にしてるスナップシューターは、カメラはPモード(プログラムオート)でスピード勝負、らしいです。フォーカスさえレンズの距離計をたよりに目勘定で撮るそうで、そこまでの境地にはなかなか至りません(笑)。



DSCF3932
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/5.6 35.0 mm 1/125 ISO2000 Flash (off, did not fire)


また撮ってしまいました。ハモニカ横丁の中の魚屋さん。毎回必ずここを撮ってる気がします(笑)。



DSCF3937
Fujifilm X-T1
XF35mmF1.4 R
ƒ/5.6 35.0 mm 1/125 ISO1250 Flash (off, did not fire)


というわけで、2日連続でスナップシュータと化したお話でございました。ベストショットは神田のストリートミュージシャンの写真で。雰囲気重視ですがけっこう気に入ってます。
歩き回ったり、一ヶ所にとどまって何かが起きるのを待ったり、ストリートスナップも狩猟本能を刺激されます。みんなどこかに向かって歩いている街の中で、ひとり全く違った目的で歩いている孤独感が悪くないです。
野鳥撮影もストリートスナップも、カメラマンの気分としてはそれほど大きな違いがないのが面白いですね。









井の頭公園で野鳥とわんこ

ちょっとひさしぶりですね、井の頭公園に行ってきました。
このところはスッキリ晴れてくれなかったんですが、今日は朝から青空。こちらも張り切って、1DX+SIGMAの大砲セットと、FUJIFILMフルセットを持って出かけました。

ちなみにこの状態で徒歩で出かけるとなると、大砲セットはthinkTANKphotoのグラスリモ

に入れて(IDXとSIGMA150-600mmを付けた状態で、しかもフード順付けの状態でちょうど入ります)背中に背負って、FUJIFILMのシステムは愛用のDOMKE F-2に入れて肩にかけて出かけるわけです。
なかなか物々しいいでたちにはなるんですが、全部ひとつのバッグにパッケージするとそれはそれで小物が出しにくいんですよね。だから現場に着いたら大砲はすぐに取り出して、空になったグラスリモを背負って歩く方が楽だ、という結論になったわけです。
しかしまあ、大変ではあります(笑)。

さて、井の頭公園は引き続きかいぼり中であります。池の水はもうほとんど残っていません。
そんななか、嬉しそうに水底の泥の上をぴょんぴょん歩いていたのはキセキレイでした。彼にしてみたら、我々にはわからないエサの宝庫なんでしょうね。文字通り跳ね回ってました。

_69Q7594
Canon EOS-1D X
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 014
ƒ/6.3 600.0 mm 1/1600 ISO2000 Flash (off, did not fire)


対照的に、あんなにたくさんいた水鳥たちはほとんど姿を消してしまいました。カルガモたちも、カワセミも、ゴイサギたちすらどこかに避難してしまったようです。唯一オオバンだけが泥の上を歩いてました。

それでも、いつもと違うのは池だけで、まわりの木々に集まる野鳥たちは早くも早春の雰囲気。梅の花もほころび始めましたしね。
メジロの群れがかなり低いところまで来ていました。

_69Q7610
Canon EOS-1D X
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 014
ƒ/6.3 600.0 mm 1/1000 ISO3200 Flash (off, did not fire)


DSCF3662
Fujifilm X-T1
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR + 1.4x
ƒ/4.0 196.0 mm 1/6400 ISO5000 Flash (off, did not fire)



メジロがいたとなれば、だいたいその近くにはシジュウカラやエナガ、コゲラなどがいるものです。今日もやっぱりいました。
エナガなどこちらが慌てるほど近くにまで寄ってきて、シャッターチャンスを逃させては俺を悔しがらせてくれました(笑)。

_69Q7758
Canon EOS-1D X
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 014
ƒ/6.3 600.0 mm 1/1000 ISO500 Flash (off, did not fire)


_69Q7784
Canon EOS-1D X
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 014
ƒ/6.3 600.0 mm 1/1000 ISO1000 Flash (off, did not fire)


_69Q7984
Canon EOS-1D X
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 014
ƒ/6.3 600.0 mm 1/2000 ISO12800 Flash (off, did not fire)


DSCF3798
Fujifilm X-T1
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR + 1.4x
ƒ/4.0 196.0 mm 1/2000 ISO4000 Flash (off, did not fire)


_69Q7943
Canon EOS-1D X
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 014
ƒ/6.3 512.0 mm 1/1600 ISO3200 Flash (off, did not fire)




もちろん、ヒヨドリはどこにでもいます。あまりに条件のいいところに来たので、思わず撮りました。

_69Q7979
Canon EOS-1D X
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 014
ƒ/6.3 600.0 mm 1/2000 ISO3200 Flash (off, did not fire)




わんこたちももちろん撮りました。まずは立派なハスキーくん。

DSCF3719
Fujifilm X-T1
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR + 1.4x
ƒ/9.0 88.8 mm 1/12000 ISO5000 Flash (off, did not fire)


なんとか撮れてますが、なんか設定がムチャクチャです(笑)。絞りリングが動いちゃってたのに気付かないまま撮ってました。
そのわりにはISOも高いし。ちゃんと各ダイヤルの状態を確認して撮らないとこうなる、というFUJIユーザーの悪い見本ですね。
大失敗なはずなのにいいカンジに撮れちゃってるのが、いいのか悪いのか…(笑)。


DSCF3755
Fujifilm X-T1
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR + 1.4x
ƒ/4.0 196.0 mm 1/1000 ISO5000 Flash (off, did not fire)


つぶらな瞳がたまらないミニチュアダックスフンドくん。これはいいカンジで撮れました。
そういえば、今日のX-T1のフィルムシミュレーションのセッティングは、ちょっとしたきまぐれで ”PRO Neg. Std” のカラーを-2、シャドウトーンも-2にしてみました。ちょっと渋いカンジにしてみたらどうだろう、と思ってやってみたんですが、やってみたらほとんど "クラシッククローム" みたいになりましたね(笑)。でもクラシッククロームはけっこうコントラストが強いので、その点はちょっと違いますね。
これはこれでちょっと面白いな、と思いました。今後フィルムシミュレーションのパラメーターをいじってみて、自分なりの色を作ってみるのも面白いかもしれませんね。

というわけで、本日のベストショットはミニチュアダックスフンドくんのこのショットにしましょうか。

DSCF3746
Fujifilm X-T1
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR + 1.4x
ƒ/4.0 196.0 mm 1/1000 ISO5000 Flash (off, did not fire)


かいぼり中の井の頭公園で野鳥とわんこを撮ったお話でございました。



90mmで吉祥寺モノクロスナップ

先日の新年会以来、なんとなく自分のなかでモノクロブームが再燃しております(笑)。
そんなわけで今日は、地元吉祥寺をモノクロでストリートスナップしてきました。
カメラはX-T1にXF90mmF2レンズ1本で勝負です。換算135mmの中望遠スナップですね。
富士フイルムのフィルムシミュレーションの『モノクロGフィルター』に、シャドウトーンを+2にして黒の締まったコントラストの強いモノクロ画像を狙ってみました。



DSCF3450
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/11.0 90.0 mm 1/170 ISO400 Flash (off, did not fire)


典型的なパターンとしてこの画像を最初にご紹介しました。半逆光で光の当たった髪の毛の反射が強く光って、影の部分は黒く落ち込んでいます。コントラストが強く、力強い印象のモノクロスナップ、そんな狙いです。



DSCF3495
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/5.6 90.0 mm 1/220 ISO400 Flash (off, did not fire)




DSCF3496
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/5.6 90.0 mm 1/240 ISO400 Flash (off, did not fire)




DSCF3513
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/10.0 90.0 mm 1/320 ISO400 Flash (off, did not fire)




DSCF3534
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/4.0 90.0 mm 1/220 ISO400 Flash (off, did not fire)




DSCF3552
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/2.8 90.0 mm 1/340 ISO400 Flash (off, did not fire)




DSCF3576
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/2.0 90.0 mm 1/250 ISO400 Flash (off, did not fire)




DSCF3591
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/3.6 90.0 mm 1/500 ISO1600 Flash (off, did not fire)




DSCF3598
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/3.6 90.0 mm 1/250 ISO1600 Flash (off, did not fire)




DSCF3584
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/4.0 90.0 mm 1/500 ISO2500 Flash (off, did not fire)




実は上の写真と同じ柴くんなんですが、違う場所でまた会いました。本日のベストショットはこちらにしましょう。

DSCF3565
Fujifilm X-T1
XF90mmF2 R LM WR
ƒ/2.8 90.0 mm 1/75 ISO400 Flash (off, did not fire)



ちょっと離れたところから、いいシーンを見つけたらこっそり盗み撮りスナップする、中望遠スナップけっこう楽しいです。
スナップは写真の基本ですしね、シャッターチャンスの感覚を磨く練習にもなると思うので、たまにこういうのもいいなと思いました。
以上、モノクロのストリートスナップでした。